本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買取、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

キャンパーハウス 050−5309−2006
年中無休 info@camperhouse.net   

 良質な中古キャンピングカーの選び方 How to choose a camper


多くの方は、キャンピングカーを選ぶとき、室内がきれいなのか、内部の設備が作動するのか、内部レイアウトがどうなのか、そういった観点から選ぶ方が多いでしょう。トラックがベースだから、商用車がベースだから車体は気にしなくてよいと思われています。

また販売する側もおおきなずれがあり、キャンピングカーのオーナー経験がなくてキャンピングカーのお店を運営している方もけっして少なくありません。ですからそういった錯誤が、とにかく展示車両の装備品の作動や装備品の多さを重視すること、そして多くのレイアウトを見せるため在庫車両を多くする傾向が売る側にあります。そしてそこに多大な経費がかかってしまっています。ですからキャンピングカーは利益が大きく、100万円以上の利益を乗せたすごく儲かる世界に思われています。事実下取りした車に、かなりの金額が上乗せされて販売されていると、売った人は知るはずです。そしてそれがオフ会で伝わる。そして都市伝説となる。実は膨大な販売経費と運営維持、整備費用がかかっているのです。そんな環境から間違いだらけのキャンピングカー選びになっていくのです。

かといって、エンジンや車体がしっかりしていればまったく大丈夫なのかといえば、エアコンが壊れ、家具も傷み、事故車ではないものの、外装は傷みもひどく、車内もたばこの臭いが染みついている。当店がプロ市場に出すまでに、軽く50万円の整備費用がかかるときもあります。修理費用やメンテナンス費用がとてもかかるのです。自動車のメンテナンス費用と住宅のメンテナンス費用がダブルでかかるのキャンピングカーだからです。


  キャンピングカー 買取


無論、キャンピングカーの選び方に、正解、間違いはありません。が、室内が綺麗なのか、装備品が作動するかどうかは、ほとんど良質とは関係はないのです。しかし、現実はそういった設備も壊れたままでは売れないという事実もあります。

では、どっちが良いか簡単なクイズを出しましょう。名付けて「どっちのキャンピングカー」です。

あるキャンピングカーオーナーは、結婚指輪をはめたまま運転しハンドルはすれがおき、室内の掃除はあまりしない人が所有するキャンピングカーだった。そして距離は多走行。

もう一台は、車内は常に綺麗にされ、走行も少なめ。さあどっちの車が良質なキャンピングカーなのか?

ほとんどの方は、後者を良質な車として買うはずです。しかしそのお車の本質はわかりませんよね。
整備状況や乱暴な運転をされていたかなどは、まったくわかりませんからね。実は、前者の車は、運転はとても丁寧で常にディーラーで整備して最高のコンディションを保っているオーナーだった。しかも奥様も大切にしている。掃除はしないといってもヒーターまわりや冷蔵庫まわりの空気取り入れ口はきっちり綺麗にしていた。

そして後者はいっさい整備はしていない、オイル交換すらしていなかった。しかも車に乗ったら急に人柄が変わり乱暴な運転のキャンピングカーだった。そして定義上、事故車ではないが、事故は前後で起こしている。動いている最中でもオートマをリバースに入れる。足回りをいじり、タイヤは偏摩耗、アルミホイールにかえてある。

このように、選び方は難しいのですね。なら良い車とは何でしょうか?

私どもから言えば、常に整備している車、されているお車です。そして第3者の評価があるかどうかです。距離は多走行でもまったく問題ありません。世界でも日本人だけなのです。走行距離を気にするのは。キャンピングカーでバーストによる横転事故もその多くがたまに乗られるお車が起こしています。なぜなら置きっぱなしのお車はタイヤが円ではなく変形しています。変形して動き出すからバーストしやすくなります。常に乗られる方のタイヤは、タイヤが変形せずバーストも起きにくいといわれます。またエンジンやFFヒーターも好調なのです、たまに乗られるキャンピングカーは、トイレなども汚れが固着してしまいます。給水タンクや排水タンクも使用していないがゆえの特有の汚れや故障が出てしまいます。ポンプなども壊れやすくなります。FFヒーターもすすがたまり、不調なものも多いのですね。


             キャンパーハウス

私たちプロが仕入れるとき、面白いもので距離が伸びていない、一般の方が一瞬良質と思われるお車のほうが痛い目にあう時が多いのです。しかし、どこの中古車店、キャンピングカーショップでも走行の少ないお車を、高額で展示してあります。良質車として。業界の相場があるゆえ、残念ながら当店でもそうなってしまいます。ですから、月走行800キロ、年1万キロを標準として、8年落ちであれば80,000キロ乗っていても何の問題もないと考えるべきです。

ゆえに、現実は距離が伸びているお車のほうが、エンジンやデフ、ミッションなども良質なものが多いのです。特に外車のキャンピングカーは言葉使いは悪いですが、当たりはずれが面白いほどあります。あたりのお車こそ、多走行です。それだけ調子が良かったからこそオーナーがたくさん乗ることができたという証拠なのです。小走行のお車は、壊れて壊れて常に修理で乗ることができなかったという例はたくさんあるのです。これはポルシェやフェラーリでも同じことが言えます。

ですから距離が伸びていても、しっかりディーラーで点検がなされているかどうかが大切なのです。それを明確に見極めるのは、どうしたらよいか。第3者機関の評価です。そしてもうひとつは整備手帳です。財団法人査定協会でも整備手帳が「ある、ない」で、査定でプラス、マイナスの査定をしてよいことになっています。つまり整備手帳は査定に影響するほど大切だということです。それが大きなポイントであり、コツですね。

キャンピングカーで距離が乗られているお車は、高速道路を利用して走っているケースが多く、室内の装備もうまく作動するお車が多い。そうはっきり明確にお伝えしておきます。例外も当然あります。でもほとんどが、常に乗られているお車のほうがあたりが多いとお伝えしておきましょう。


 ならどんな車をどう買えばよいか コツ

当然、新車を買えば一番良いですよ。しかしここでは中古車に絞っています。

一つは、自動車オークションで出品された車で高評価のものに限って購入されればよいと思います。キャンピングカーの業界では、オークションの出品車は嫌われています。よい車は製造メーカーが代替えで下取りされると思われているからです。それは全く違います。キャンピングカーのその特性は、一般の車と大きく違います。子供が小さいときに購入し、大きくなったら手放して次はオープンカーに。定年後に初めてキャンピングカーを購入する。実は同じメーカーでもう一度買うという人は極端に少ないのです。そういった特殊な車だからこそ、業界は多大な経費をかけてキャンピングカーショーをずっとおこなっているのです。乗り換え、乗り換えが行われるなら、あんな膨大なイベント経費は使われません。また製造メーカーが定期的に倒産することも起きません。意外に製造メーカーの肩を持つわけではありませんが、儲からない世界なのです。

そんな業界の売却されるお車の多くは、ごくごく普通のそして一般の買取店に出されています。そしてオークションに出されます。実はオークションにでてくるキャンピングカーはそういった経緯を経てきます。

 良い車 良質のポイント


オークションでは、事故歴、車体の傷み、それこそボディーのわずかへこみ、ほんの小さな傷、エンジンの異音、へたり、すべて正当に多段階で評価されます。例えば、内装、車の後部はひどく傷んでいたとしましょう。しかし、ひどいものはシートを張り替え、それこそ前述の指輪による傷がある、ならハンドルも交換してしまえばよいでしょう。2万円程度です。シートなどは丸洗いもできます。冷蔵庫も入れ替え、電子レンジも入れ替え、トイレもフレッシュキットで入れ替え、換気扇も取り換えるだけ、ただそれだけのことなのです。常に使っていたお車は、有機性化合物も発散して、子供さんがいる家庭もホルムアルデヒドも安心な中古車両なのです。それこそ雨漏れも少ないですね。たまに乗られるお車こそ、オーナーが天井高を忘れてトンネルでこする、小走行のお車こそ、長年車庫に入っていて、雨漏れに気づかなかった。気づけなかった、そんな話はいくつもあります。オークションの世界は、走行距離500キロ、走行距離20キロ、しかし重大な事故車がごろごろという表現はオーバーに聞こえるかもしませんがごろごろ出てきます。本当に購入して販売店から家に帰るときの事故車も多いのです。

ですから走行距離や内装品の綺麗さで惑わされない様にしてください。みなさんのご家庭の冷蔵庫もシャワートイレも、つかっていてもいなくても年数を経ていると交換時期はきてしまいますよね。使わない別荘こそ傷む。それと同じです。たとえ話ですが、家の構造がシロアリで被害を受けているが、室内は綺麗、レイアウトはよい、過剰な装備品がある、でもそんな住まいを購入したら大変ですよね。室内はどうにでもなると考えてください。構造こそが大切なのです。つまりボディー、エンジン、重要部品なのです。

 どんな風に乗っているかは誰もわからない


どこの中古車店、キャンピングカーの中古車店に行かれても、言葉は悪いですが、馬鹿の一つ覚えでいうことがありますよね。前オーナーはうちのお客様で、大切に乗られたお車ですと。 納車されたらどんなふうに、使われているかはわからない。それが真実です。お客さんが普段どういった使い方をしているか、販売した会社が知っていたらそれこそストーカーです。でもまず言います。車が停止してからオートマをリバースに入れている車のオーナーなのか、そんなことわからないはずです。しかし、キャンピングカーのミッションはとても大きなダメージを受けます。ですからそういったことを単純にセールストークで使うお店は避けてください。キャンピング部分は詳しくても車はまったく素人ですから。

ですから、キャンピングカーを選ぶときは、とにかく一番に車体(エンジン)、2番も車体、とにかく車体がしっかりしているか。そしてその判断は、販売店ではなく、第3者がみてしっかりしているかということです。それが大切とお考え下さい。オークションで高評価のものであるかということです。カーセンサーやGOOの評価でもある程度は信用してもよいでしょう。しかし自動車オークションのほうがその審査は明確にはるかに厳しいものです。そして高評価のお車を手にされてください。現代ではガソリンスタンドなどでも、プロオークションの代行購入を行ってくれる店が増えてきました。そういった店を利用されるとよいでしょう。

事故車ではない、事故車といわなくてよいが、「評価は低い」、そういった多段階の評価が車の世界にはあるのです。3点車、3.5点車といわれる車両です。ぜひ「よい評価」のお車を購入されてください。専門的な表現はここではあえて避けますが、「評価の良い」ものを購入して下さい。オークションでいえば4.5点以上の評価点の車です。事実、プロのオークションの世界では、キャンピングカーの架装部分の内部設備の評価はほとんどしません。架装部分といっても、FRPや架装部分でも外装は大切です。

主要構造を大切に考えて購入してください。そういった判断ができない状況のお車の場合、皆さんが中古のキャンピングカーを購入されるとき、もう一つの判断が、整備手帳があるか、ないかです。そして、その整備先ができることであれば車体ディーラーで点検をされたお車か、そうでないのか、そう考えていただければよいですね。中古車を買うときは、聞いてください。オークションの評価表はありますか、そしてよい評価ですかと、また、整備手帳はありますかと。そしてどこで整備された車ですかと。もし評価表の無いお車であれば、そのお店が「勝手に言っている良い車」ということです。私たちは距離メーター100キロの事故車を数多く見ています。大切に乗られたお車を、お客様から買い取る際、「えーー事故車だったのね」、この言葉をお聞きするのが本当に悲しく残念なのです。キャンピングカーの場合は非常に多いといっても過言ではありません。改造車であるがゆえにごまかしがききやすいのです。現在もオークションで事故車として取引があった車が、事故歴なしで堂々と売られています。必ず中古車を買うときは、聞いてください。買ってから事故車なら返品していいですか、諸費用も返してくれますかって。濁せば、それなりのお店です。これはポイント、コツですね。

本来は、トラックは運転席部分、つまりキャビンが前倒し(キャブチルト)ができ整備をおこなうことができます。しかしキャンピングカーはそのキャビンが完全に固定されてしまいます。ハイーエースにしてもコースターにしてもしかりです。だからこそ、大きな整備にならないお車を購入してほしいのです。そういった理由なのです。ご理解いただけたでしょうか。ぜひ、第3者に査定されたお車を購入されてください。

現在、キャンピングカーは、横転、ハブボルト折れ、バースト、タイヤ破裂、様々な体験談が書かれています。そしてホルムアルデヒドなどの問題も書かれています。よい車とは、良いメーカーはどこなのか、実は利用者の利用方法で大きく変わるものとお伝えしておきます。

利用者が、その車をいい車にもするし、悪い車にもしてしまうのです。ある程度、室内が汚れていても、動かない装備品がいくらかあったとしてもです。表現は悪いですが、そんなことは交換すれば済むことです。前述の50万円かかった修理費用の車も直せばそこそこの車になります。しかし、車体がさびていたり、雨漏れを起こしているような車になると、さすがに少し次元が違う修理費用、また直せないということになります。

良いキャンピングカーとは、「車体」、それが一番大切なのです。家族が乗って知らない場所、はじめての場所に行くキャンピングカーですから、ぜひ車体構造のしっかりしたものをお選びください。



 キャンピングカー 高額査定 高価買取



キャンパーハウス

 キャンピングカー 買取 査定

    
 キャンピングカー 買取

 キャンピングカー 買取 査定
 公安委員会

  中古自動車査定業務実施店

   著作権について

キャンピングカー買取

四国へ行こう


   東京モーターショー

   キャンピングカー買取
     SSL証明書