本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買取、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

キャンパーハウス 050-5309-2006
年中無休 info@camperhouse.net   

キャンパーハウスのサービス一覧




   キャンパーハウス
       

 査定業務実施店


当店は、一般財団法人、日本自動車査定協会が実施する「中古自動車査定士技能検定」に合格した、査定業務実施店です。現在、コンプライアンス上、自動車販売会社は、すべてに社員に受験をさせています。しかし、毎年70%の厳しい合格率です。


       キャンパーハウス 買取 査定 売却



買取専門店の一部は、査定資格を持っていない会社も少なくありません。事故車は、価値が下がります、ただ、どういった事故を起こし、どういった修理をしてある車か、説明できる資格でもあり、単純に価値を下げない資格でもあります。

俺は、経験があるから資格は取らないよと、そういった車屋さんが多いですが、経験が長ければ、簡単に取れる資格です。売却をされるときは、査定業務実施店で、査定をされてください。査定士がいなければ、査定業務実施店の看板は掲げることはできません。

当店は、小型車査定士だけでなく、コースターやAクラスにも大型バスにも対応できる、大型車査定士の資格もすべてのメンバーが所有しております。安心して査定をご依頼ください。


 「水洗い、スチームによる特殊清掃」

           キャンピングカー買取 キャンパーハウス

キャンピングカーの中古車は、調理スペース、トイレ、着替え、就寝など、生活を長時間、また家並に行うわけですから、しっかり汚れています。そうかといって、家並にお掃除はなされていません。しかも結露し、暑さ寒さにさらされます。ペットや食べ物の影響もうけています。ですから当店では、シートやカーペット、ベッド部分はすべて特殊な業務用掃除機で水洗い洗浄し、スチーム清掃を行っています。当店が独自開発した、専用ノズルでシート天井もすべて水洗いをおこないます。

そのうえ業務用高温スチーム掃除機により天井、シート、床、キャンピング設備などのすべてを除菌クリーニングいたします。シートやベッドは、そのうえさらに特殊洗浄剤を吹きかけながら特殊掃除機で汚れた洗浄水(汚れた水)をまるごとバキューム清掃します。シート生地を張り替えて綺麗に見せる、表面だけの見せかけのテクニックはいっさい使いません。シートやマットの奥からきれいにしてキャンピングカーをオークションに出品させていただきます。買取りしプロオークションへ出品する際、シートをすべて脱却して完全清掃してから、オークションに出品しています。
      
カーテン、シート、ベッド部分はすべて取り外しをして洗濯をおこない、高温スチームをかけることで、長年の臭いも中から取り去ります。買取し、ここまでのことをおこなって市場に再販するのがキャンパーハウスです。ゆえにプロオークションの世界で高値成約が成立し、また高価買取につながっていきます。23年前から全国120か所のオークション会場の会員ですが、現代は昔と違い、ガソリンスタンドが依頼を受けるオークション代行店などが数多く参入し、程度が良い車は、店頭売りとほとんど変わらない金額で取引がされます。事故歴の評価がされていることが、グーネットやカーセンサーより安心感があるからでしょう。

キャンパーハウスが、店頭販売を一切せず、業者間取引、プロオークションに軸足を置くには、綺麗に仕上げた車には、セールスは必要ない、セールスをしなくても綺麗な車は自然に高値で取引される、そういった販売を極めたからこその「販売しない高度な販売ノウハウ」があります。キャンパーハウスの関東担当は、元トヨタ自動車セールス記録日本一を記録しています。そのうえで、店頭販売を基本行いません。



       キャンパーハウス メンテンス

エアコンフィルターは洗浄する。家具はすべて補修し、傷んだシートはすべて裁縫をほどこし、換気扇の羽も洗浄し、照明カバーを外して清掃を行う、こんなキャンピングカーの買取店は全国でも間違いなく当店だけです。「綺麗な車は、口ほどに物を言う」、キャンパーハウスの格言です。

上記の清掃メンテナンスを「業」としてご依頼はお受けしておりません。あくまでも当店の買取車両のみ行っております。


 「ボディー洗浄、ボディーケアー&コーティング」


見違えるようなお車を提供する、キャンパーハウスの基本方針です。キャンピングカキーパープローのボディーコーティングを行い、業者間取引をおこないます 大型車に対応し屋内に専用の足場を組んで対応いたします。すべての作業を強風でも雨天でも屋内で行える体制を、愛知、三重で整えています。中古車とはいっさい言わせない。キャンパーハウスのサービスのひとつです。徹底的にきれいにすることで雨漏れなどの点検もでき安心して乗っていただける車にしてプロオークションに出品いたします。

コーティング最大手、キーパープロの技術研修を修了しており、キャンピングカーのボディーコーティングをおこないます。オークションに出品するお車もすべて、コーティングをおこなって出品いたします。

プロオークションは、汚れで傷をごまかし、出品をする、それが常識です。しかしキャンパーハウスは、傷をわかりやすくし、出品をおこなうのが方針です。他店と考え方がまったく違い、綺麗に磨き、細かな傷もわかりやすく出品する、「真っ向勝負」、それが当店の取引方針です。キャンピングカーの相場を変えています。

買取車両は、最低3度は入念に水洗いをし、屋根の雨漏れの点検を行っております。

上記のキーパープロを「業」としてご依頼はお受けしておりません。あくまでも当店の買取車両のみ行っております。


     キャンパーハウス


 「ベバスト社 FFヒーターのメンテナンス」


ベバストFF
キャンピングカーの FFヒーターの名門 ベバスト社。FFヒーターの安全点検をおこなってキャンピングカーの中古車をオークションに提供しています。

Certificate(証明書) ヒータートレーニング、取付の正規認定事業者の資格を所有しています。認定事業者としてベバスト社のヒータートレーニングを修了させていただいている認定事業者のお店です。
ベバスト
ただし当店では、新規の取り付けはいっさいおこないません。当店がオークションで取り扱うベバストヒーター搭載車が安全に取り付けられているかを確認して取引するために認定事業者の資格をもつ全国でも珍しいお店です。マフラーやミッションの熱を受けていないか、特に燃料漏れなどは厳格に検査します。FFヒーターは設置場所が悪いと、ショートサーキット現象を起こし、温風をすぐに吸気してしまったり、排気がこもってしまったりしている場合もあります。夏など、使わないときの使い方こそ大切になります。


上記、FFヒーターメンテナンスを「業」としてご依頼はお受けしておりません。あくまでも当店の買取車両のみメンテナンスを行っております。


         



「FRPボディーの雨漏れ 換気扇、ソーラー施工部分から雨漏れ補修」

 

キャンピングカーの雨漏れは致命的です。内装だけでなく、家具や設備も傷めてしまいます。しかし残念ですがキャンピングカーはそれなりの確率で起きています。このメーカーは多い、この車種は起きやすい、というだけでなく、オーナーが事故により天井を傷めるケースもあるからです。また一般の中古車買取店業者は、雨漏れ車を下取りしたら黙って売ってしまっているケースも多く、一種のババ抜きのような感じで中古車市場に出回っています。早期にFRP補修技術を持った人間が手当をしてあげればよいだけなのですが、段々ひどくなってしまうケースもあります。

キャンピングカーの屋根は一体構造ですが、それでも雨漏れはおきます。窓のすき間や塗装のわずかなひび割れ部分から、水は侵入するからです。ハイエース、バス系、外車、軽なども安心ではありません。実は、換気扇や窓まわり、ソーラー取付ビスや天井エアコンの取り付け部など、ほんの小さなビスからも雨漏れは起きるのです。毛細管現象といい、小さな穴から上へも逆流するのが雨漏れの特異な特徴です。上からだけではないのです。当店は、建築施工管理技士、土木施工管理技士の「建築及び土木の国家資格」を所有するキャンピングカーのお店です。全国でもとても珍しいお店だと思います。本来は建築資格を持つものがキャンパー部分のメンテを行うのが理想です。キャンピングカーは家だからです。しかし日本は住宅業界でも新築工事はまだよいですが、住宅リフォームの業界などは、無資格で工事を行っているのが現状なのです。ビフォーアフターが番組が終了しましたが、数多くの裁判が起きています。


     キャンパーハウス


住宅のFRP屋根施工、ベランダのFRP施工、コンクリートのひび割れ補修の施工など、FRPの補修は難しいものだからです。ですから建築、土木には国家資格があるのです。キャンピングカーの居住部分は、車種によってはプロパンガスの配管があります。昨今騒がれているホルムアルデヒドの問題も、狭い空間の自動車では、いろいろな接着剤の使用は慎重にしなければなりませんが、神経を使っていないのが現状でしょう。言葉使いは悪いですが、馬鹿の一つ覚えで、フォースターをつかっているといっていますが、シックハウスの対象はべニア合板だけではありません。また2017年8月、あらたに有害化合物が認定されました。当店で扱う中古車は、屋根の換気扇回り、ソーラー固定部分、エアコン取り付け部、内装、家具の手直しなど、さまざまな住宅相当の設備部分を建築法規に沿って、国家資格を所有した建築施工管理技士が、厳格にすべて点検、見直しをさせていただき再販いたします。

断熱施工されている車両の一部には、一定年数経過すると、上記の写真のように、内部結露で錆だらけになります。ただ、断熱材を入れてあるだけの作業から起きる悲劇です。

当店はキャンピングカーの高価買取をメインにした買取り専門店を運営しております。ですから正直、修理やメンテナンスを専業にしたお店ではありません、しかし、上記のように当店で買い取りしたお車のメンテナンスはどんな修理でもできる高度なメンテナンス体制を整えております。

上記の雨漏れ対応、腐食メンテナンスを「業」としてご依頼はお受けしておりません。あくまでも当店の買取車両のみ施工しております。


キャンパーハウス ロゴ

 キャンパーハウス 方針 高額査定 高価買取


キャンパーハウス 方針



   キャンピングカー 積載車






キャンパーハウス

 キャンピングカー 買取 査定

    
 キャンピングカー 買取

 キャンピングカー 買取 査定
 公安委員会

  中古自動車査定業務実施店

   著作権について

キャンピングカー買取

四国へ行こう


   東京モーターショー

   キャンピングカー買取
     SSL証明書