本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買取、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

キャンパーハウス 050−5309−2006
年中無休 info@camperhouse.net   

 キャンピングカーは新車を買ったほうがベスト


おいおい、キャンパーハウス。お前のところは、中古キャンピングカーを買い取って、しかもそれを中古車市場に流しているんだろう? 新車を扱っていなくて、新車を買えとは、頭おかしいのか? そう思われると思います。しかし、はっきりお伝えします。キャンピングカーは新車を買うべきです。

結論から言うと、中古では、「うまみ」が少ない、ほとんどないということです。新車なら「うまみ」がしっかりあるということです。そしてそのうまみとは何かというと、リセールバリューと安全性、その二つです。中古車は、この両方が大きくかける、かけてしまうということなのです。

        ハイエース スーパーGL

 新車は年30万から40万程度の価格落ち


例えば、新車で500万のキャンピングカーを購入したとしましょう。だいたい5年乗れば、300万ぐらいの買取が期待できたとしましょう。そうすると、年間30万から40万ぐらいの値落ちで、その車に乗れたことになります。ただし新車であっても、1年や2年以内で早期に売却すると、それこそ、1年で100万円や150万以上の損はすることになります。

しかし、中古車の場合、その車が300万円の買取金額に対して、オークションやお店での流通経費を考慮して、店頭では、400万円、それ以上になるケースが出てきます。車体部分のサービス保証だけではなく、けっしてぼったくりではなく、架装部分の保証も含めて、それなりの大台の利益がのせられるからです。また乗せなければ、中古車を販売することができない、特殊事情、つまり、簡単に売れていく車でない事情があるからです。

 中古車で、購入しすぐに売ったら大損です


ですから、中古車は、購入してすぐに売ったら、大損します。買ってすぐに売ったら、利益と諸経費で100万以上、いや120万以上の損をすることになります。当然新車でも、購入してすぐに売れば、損をしますよ。ただ、新車の場合は、家庭の諸事情はあるでしょうが、車特有の問題がある場合は少ないでしょう。

しかし、中古車の場合は、購入してから、車のいろいろな問題点が発覚し、嫌気がさして売る場合が多いですからね。そんな場合、当店に買取依頼が来て、買取金額を提示して、他店よりたとえ良い条件であっても、その低さに驚かれるケースが多いのです。お客様にとって、「買ってまだ、一か月なんです」、といわれても、その車は登録されて5年落ちであったり、7年落ちの車なのですからね。

 リセールバリューだけでなく、新車を買ってほしい


中古キャンピングカー専門のお店がはっきり言います。新車を買ってください。そのほうが絶対によいです。カムロードのクラスに手が届かかないなら、クラスを落として、ライトエースやボンゴにすればよいのです。

ハイエースが新車で難しいなら、NV200 やライトエースにする、そういった車格ランクの下げをおこなっても、新車を買うべきです。もしくは、予算が難しいなら、ローンをくんででも新車がベストなのです。

どうしても、中古で買うなら、現車が確認できなくても、オークションで高評価のものを厳選して安く買うのか、個人売買で良質なものを買うことです。店頭でまともに買うとすると、中古のキャンピングカーは、非常にリセールバリューが悪いものを買うことになってしまいます。本来はリセールが良いものなのにです。

それともう一点、買取をしていて思うことは、中古で購入して、一年しかたっていないといい、買取をさせていただいて、査定を行うと、タイヤがもう8年前のものだった、ハブボルト点検を行うと、ハンマー点検時に折れる、そういった車があることです。ですから中古車を買うときは、利益がしっかりのっていても何もかまいません。それは商売ですからね。ただ、のちの故障の面倒、アフターサービスを含んで購入するのではなく、購入時点でのサービス、つまり、タイヤ交換やハブボルト交換、アライメント調整、また壊れる確率が高いものは、すべて交換していただいて購入するべきです。また、FFヒーターの燃料フィルターはほとんど交換されていません。また10年以上の前のものはオーバーホールはしておくべきです。そういった安全にかかわるものはきちんと交換してもらうべきです。

 命にかかわる車は買うな


それをしないと、リセールバリューが悪いだけでなく、命にかかわる車を購入することにもなりかねません。キャンピングカーは、始業前点検、日常点検が非常に難しい車なのです。キャンプに行く前に、水を積んだり、燃料を入れたり、寝袋、食料、トイレの準備、ガスボンベの補給、さまざまな複合した準備があるからです。そういった中、タイヤの石や金属片の刺さりなどの確認がどうしてもおろそかになり、バーストにつながっていく、そういった環境、傾向があるお車なのです。

そういった意味で、新車なら、事故がないと、いうわけではありません。しかし、少なくても、ハブボルト折れやバーストの危険はずいぶん少なくなります。

車格を落としても新車を買ってほしい、中古を買う場合は、買う条件として、3年経過していればタイヤ交換、10年以上経過していればハブボルトは全交換、そういった購入条件をきちんとお店側に提示すべきです。個人売買で購入する場合も全く同じです。タイヤ交換、ハブボルトの交換は、含んだうえで金額交渉をおこなってください。安く買えても、命にかかわっては何も安くなりません。

最後に言っておきますが、低走行距離の車より、多走行の車の方が、キャンピングカーは良質なものが多いといっておきます。タイヤも定期的に交換され、ハブボルトも偏った力が、金属部分にかかっていないからです。キャンピングカーは、そのすべてにおいて特殊な車なのかもしれません。

 簡単なキャンパーにしましょう


こういった方法もあります。ハイエースを購入して、ベッドキットを取り付けたり、NV350を購入してベッドキットを取り付けたり、軽キャンパーを購入して楽しんだり、そういった方法もあると思います。キャンピングカーは8ナンバーでなければだめ、キッチンがなければだめ、天井高が1600以上でなければだめ、それは、法規定の話です。

どんな車であっても、ご自分が快適に寝られたら、もうそれはキャンピングカーなのですから。それこそ、4ナンバー、1ナンバーのハイエースで簡単なキャンピングカーを作って、乗り回して売却したら、下手なキャンピングカーよりリセールバリューが良いことになると思います。それと安全性も。過積載をしない限り。





高額査定 高価買取 キャンピングカー






キャンパーハウス

 キャンピングカー 買取 査定

    
 キャンピングカー 買取

 キャンピングカー 買取 査定
 公安委員会

  中古自動車査定業務実施店

   著作権について

キャンピングカー買取

四国へ行こう


   東京モーターショー

   キャンピングカー買取
     SSL証明書