本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買取、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

キャンパーハウス 050−5309−2006
年中無休 info@camperhouse.net   

 キャンピングカーの水は汚くて飲めない?



       キャンピングカー 買取

キャンピングカーの水は飲めませんよ。これをいうといつも皆さん驚かれますし、怒りますね。だって、飲料水タンクって書いてあるじゃないか〜。そう言われます。だから、飲めないわけではないですけど、また別に飲んでもいいですけど、汚いですよ、というと、怒るより今度は理由を聞きたがりますね。

ポリタンクの場合なら、上記の写真のように口径が大きいですからね。まだ手を入れて中を洗えます。しかし、キャブコンなどの外部からホースで給水するタンクとなると、中はとても難しくなります。一応、FRPでつくられていて内部が洗えるようになっている車種もあります。しかし、常にそういったメンテナンスを行うのは不可能でしょう。

また上記のような掃除がしやすいタンクであっても、一番は、実はホースやモーターの中に、普通の住宅の水道水のことを思うと雑菌がいる可能性があるからです。まあ、間違いなくいるでしょうね。おいおい、マンションだって地下や屋上にタンクがあったりするじゃないか〜、て思うでしょう。なぜならキャンピングカーの場合は、水が常に動いていないからです。



           キャンピングカー お水 汚い 飲めない

こういったモーター内に雑菌がいる可能性があるということです。ですから飲めないのです。おいおい、飲めない飲めないって、うるせ〜、ってカチンとくる方も多いはず。実は私どもは37年前、当時のコースターは、マリンの電動ポンプを改良して取り付けていました。37年前ですからね、高かったですから、当時壊れたときに、中をばらしたらそれこそびっくりという汚れ具合だったことが、こういったことを言い続けてきた理由です。また当店は、買取中心で、販売がメインではないので、こういった本音が言えます。普通のキャンピングカーの販売店でこんなこといっていたら、売れなくなりますからね。


今度は理由がわかると、浄水器をつけたり、いろいろします。でもそれでも「容易には」飲めませんといっておきます。例えば、日本の有名な浄水器メーカーの使用説明では、2日間以上使用しなかった時は30秒以上、できれば数分間、浄水を流してからご使用くださいとあります。リッターでいうと7リッターから15リッターです。汚いからといって、水を流すことで、ほとんどタンクの水はなくなります。

また、海外製の浄水器では、もっと厳しくなり、夜間などで使用が途絶えても、数十秒から数分間、水を流してからご使用くださいと、あります。それが浄水器の世界の安全基準です。なぜなら、水が止まると浄水器のほうがより内部に雑菌が繁殖する可能性があるからです。これは一時騒がれ、こういった使用前の流水が表記されるようになったのです。ご存知の方も多いはずだと思います。

キャンピングカーの場合、よく使うオーナーでも1週間に一回、普通は一か月に一回乗るキャンピングカーのオーナーが多いと思います。ですから、そんなタンクや、配管、モーターには、当然、一般家庭より、もっと不衛生な状況となります。そして浄水器へその水が行くことになるわけです、もう、わかりますよね。毎回タンクを洗おうが、なにをしようが、まず「安心して飲むのは難しい」と思われたほうが無難だと思います。そういうことです。

なら手を洗うのも、雑菌のいる水で洗うのは嫌だよね、となりますよね。そうです。気にされたほうが良いと思います。

 雑菌、汚いって ならどうするんだ  


まず、面倒でも、ポリタンクを、もう一個用意してください。洗浄用のポリタンクとして用意してください。40リットルぐらいの水を用意して、水はもったいないですが、一度ポンプを空まわしをされたほうがいいですね。これは旅の前には面倒でも毎回なされたほうが良いです。せっかくの旅行、子供さんが、おなかを壊してもいけませんし、綺麗な水で手を洗うことも大切ですからね。歯磨きでもそうです。歯磨きだって綺麗な水でおこなっていただきたいですからね。

              給水タンク

キャブコンなどで、給水タンクが90リットルを超えるような場合は、いったんはタンクの水を同じように一回転はさせておくべきです。できれば2回転。たまには、哺乳瓶用の洗剤のミルトンをつかったり、お酢、濃度0.5%から1%を入れて、モーターやホース内を定期的に掃除をする方法もありますが、私は経験上、水の空回しでよいと思います。ドレンを利用してお庭の花の水に使えます。

ここ最近は、インフルエンザなども、うがいは効果がない、とにかく手洗いが一番といわれるほど、手洗いは重要です。ある意味、飲むことよりも、手を洗うためにもタンクをきれいにしてください。そうでないと、キャンピングカーの水は飲むこともできない、手も洗うこともできないとなってしまいます。


    キャンピングカー 買取

当店では。買取した車両の給水タンクはすべて内部を洗浄していますが、上記の車両は、60リットルのステンレス給水タンクですが、水を入れ替えたら、それこそ小さな虫の死骸が大量に出てきました。

 塩素を抜いてポリタンクに入れたらだめ


よく、ポリタンクに台所の浄水器のお水を入れる方がおみえになります。これもまったくダメです。塩素を抜かないことです。キャンピングカーのポリタンクは、水道の水をそのまま入れるのが大原則です。塩素こそ、雑菌の繁殖をいくぶんでも止めてくれます。これは加湿器などでも同じです。

上記のような写真のポリタンク形式のキャンピングカーは定期的にポリタンクを交換、モーターも交換すればいいですが、それでも常に水の流れのない内部にはどうしても汚れはたまりどうしても汚くなります。

 37年前から ジャグ


え〜、面倒だよ。毎回毎回、キャンピングカーを動かすたびに無理だよ。と誰もが言われるはずです。そうでしょうね。なかなか難しいです。では、こういったものを使えばよいのです。そうです。ジャグポットです。私どもは37年前から、これを使っています。

キャンピングカーの水このようなジャグポットを2つもっていけば、よいのです。もともとの給排水設備は、洗い物ようにしておけばよいでしょう。そしてジャグのひとつを「手を洗うポット、歯を磨くポットとして一つ」、またもうひとつを「飲み水用として一つ」として利用する、そういった方法をとってきました。

こうすれば、忙しい出発前に繰り返し洗浄は、しなくてよいと思います。もともとの給排水設備には気を遣わずにお水を入れておけばいいですからね。超綺麗な飲料水、手洗い用の水、そして汚れものを洗うお水と、3種類の水を搭載して、とても良い利用ができると思います。

ジャグは中も洗えるし、ペットボトルの高いお水を買うこともありませんし、氷や熱いものも入れられる。またなんといっても旅先のおいしいお水が気楽にくめますからね。キャンピングカーが道の駅で嫌われるのは、20リットルのポリタンクを持ち歩くこともひとつだと思っています。これなら、休憩場所で、おいしい現地のお水もいただけますからね。


キャブコンでは給水タンクが90L、排水タンクも90Lの車も、結構あります。タンクの中に手を入れて定期的に洗うことも一つの方法ですが、それでも飲むのは避けたほうが良いと思います。グレータンクだけは活かして、こういったシンプルな考え方に移行なさるのも、ぜひ検討してみてください。


http://www.rvland.co.jp/parts/interior/petbottle_server.php
上記はRVランドさんのペットボトルの水を利用できる給水設備です 優れものです



高額査定 高価買取 キャンピングカー ポンプ キッチン







キャンパーハウス

 キャンピングカー 買取 査定

    
 キャンピングカー 買取

 キャンピングカー 買取 査定
 公安委員会

  中古自動車査定業務実施店

   著作権について

キャンピングカー買取

四国へ行こう


   東京モーターショー

   キャンピングカー買取
     SSL証明書