本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買取、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

キャンパーハウス 050−5309−2006
年中無休 info@camperhouse.net   

 買取屋は見た! 


 エアコン故障はすぐ修理


キャンピングカーには速やかに行ってほしい対応があります。それはエアコンの対応です。給水ポンプが壊れた、換気扇が壊れた、そんな場合は少し時間をおいてから直すことは許されます。しかし、エアコンに不調が出たら、何をさておいてもディーラー、およびキャンピングカーメーカーに修理を依頼してほしいのです。間違っても、後で直そうという気持ちは絶対に持たないでいただきたいのです。

また、安く中古品を購入して安価に直そうという考えも持たずにいただきたい、それがキャンピングカーのエアコンです。乗用車のエアコンも当然、同じような考えを持つことは非常に大切です。理由はこれからお伝えしますが、特にキャンピングカーの場合は、リアに走行用クーラーを載せている車種があります。その場合は、絶対に間髪を入れずに修理を行ってください。ではこれからその理由をお伝えいたします。

  キャンピングカーのエアコンは直せ

エアコンが冷えない、エアコンの風が出ない、エアコンのスイッチが作動しない、様々な故障があるでしょう。しかし、どんなトラブルでも、すぐに対応していただきたいのです。早急な対応をしないと重大なトラブルになり、多大な出費を強いられることになるからです。

 キャンピングカーのエアコン故障は重大なことに


キャンピングカーの買取り業をしていると、こういったエアコンのトラブルには、誰よりも多く立ち会います。どんなトラブルか詳しくお話ししましょう。下記の写真のパーツ、コンプレッサーといい、簡単に言えば、エアコンの心臓部がトラブルを起こすのです。

普通の自動車の部品は、壊れて動かなくなれば止まるのですが、このエアコンのコンプレッサーは、エンジンの力を利用して動いていますから、調子が悪くなっても、ある程度は動いてしまいます。それこそ焼き付いたり、制御されて止まって(ロック)くれればよいのですが、そういった状況で止まった時点では、もはや状況は遅かった、という状況になっている場合すらあります。


     キャンピングカーのエアコン コンプレッサー     

くどいほど言いますが、もはや遅かったという状況になる前に、エアコンはいち早く修理を行ってほしいのです。写真のコンプレッサーの内部が破壊され、エアコンの配管の中に壊れた破片や鉄粉をまき散らしてしまうからです。そうなってしまうと、このコンプレッサーだけを交換しても、配管の中の破片や鉄粉が、今度は新しく交換したコンプレッサーを傷めてしまい、交換しても、極端な話、一週間後に壊れたということになることもあるのです。また配管をも傷めてしまいかねません。それこそこの破片や鉄粉が、リアのクーラーにも影響を与えることになったら目も当てられません。なぜなら、車によっては、生産中止になっているパーツもあるからです。

車種によってはフィルターが鉄粉を守ってくれる場合もあります。が、エアコンは、甘く考えず調子が悪いと思ったら、すぐに対処してほしいのです。そしてただ対処するというだけでなく、きちんとした「正しい修理店」で正しい修理を行ってほしいのです。おいおい、修理に正しい修理、正しくない修理があるのか、そう、ご批判があるでしょう。批判があっても言い切ります。正しい修理店でお金がかかっても正しく直してほしいのです。それがエアコンだからです。

ここ最近は、リサイクルが重要視され、事故車や解体された車の部品が、非常に安価で取引されています。それこそ、ヤフオクや我々プロの世界は、中古部品パーツのサイトもたくさん利用できます。それはとても良いことです。ですからこういった中古のエアコン部品、またコンプレッサーはそれこそたくさん流通しています。しかし、エアコンに関する部品だけは、買うな、使うなと、はっきりお伝えしておきます。理由は簡単。本当にすぐに壊れてしまうリスクを背負うからです。それでもいいという方は、当然それでよいでしょう。現実プロの世界では、ある一定期間動けば問題ないとした修理車両が流通してきます。しかし、そのあとにそれを中古として買う中古車店や一般の方が、また同じような思いをすることになるのです。同じなら良いのですが、より深刻な状況になりかねません。


 繊細なパーツ、それがコンプレッサー


例えば、こんなケースがあります。冬場にキャンピングカーのエアコンが壊れたまま、夏になるまで直さなかったキャンピングカーをネットの個人取引で購入されたキャンピングカーのご相談をお受けしました。近所の修理屋さんで、安く直したら、また数日で壊れたしまったからです。

以前、買い取りをさせていただいた方のご友人がキャンピングカーを個人取引で買われ、エアコンが不調だということをいわずにだまされて、購入したお車の例です。購入してから仕方なく、知り合いの修理工場で中古品を使ってエアコン修理をしたら、またまたそれがすぐに故障。それで買取時にご相談をお受けしました。

ズバリ、アドバイスは、新品のパーツで、それなりの費用をかけて、きちんと直してください。これが当店のアドバイスです。当店は、買い取り専門店、ましてやメンテナンスで収益を上げるお店ではありません。だからこそはっきりアドバイスできるのです。しっかりお金をかけて、しっかりしたお店でしっかり修理をなされることです、と。

これは、37年前にキャンピングカーの改造を行い、23年間、自動車古物商として経験を持つと、エアコンこそ、エアコンコンプレッサーこそ、お金をけちると、後から大きなしっぺ返しがくる自動車部品であるという経験をたくさんしてきたからです。

ですから、当店でも、エアコン修理は、けちらず、お金をかけてしっかり修理、ごっそり部品を入れ替える、これを基本としています。

 中古車購入は特に要注意


そういう意味で、中古車店で、キャンピングカーを購入される場合、エアコンは特にしっかり確認してください。また、もし不調だったから修理をしてあるよ、といえば、逆に安心せず、注意をされたほうが良いと言っておきます。修理をされてある車であれば、新品なのか、配管は入れ替えてあるか、洗浄はしっかりしてあるか、どこで修理をしたか、その部分の保証はしてくれるのか、とにかく慎重にしてほしいのです。

エアコンの修理は、軽く10万以上はかかります。ヘタをすれば20万円、それこそリアの走行クーラーがついているものであれば、40万以上、いやそれで直ればよいほうです。それこそ修理不能というケースにもなりえます。それだけエアコンは厄介なのです。おいおい、そんなのぼったくりだ、中古部品で安く直せるぜ、そういうそれなりのプロもいます。でも言っておきます。お金がかかってもしっかり、エアコン専門の整備店でおなしておいてください。それがエアコンです。

 キャンピングカーの空調は壊れやすい


キャンピングカーのエアコンは、はっきり壊れやすいのです。なぜなら、もともとは運転席と助手席のスペースだけを冷やすように設計されているからです。そのキャビンを切断してリアの居住部分にも冷気が流れ、その負担が常にコンプレッサーにかかるからです。これはオルタネーターといい、バッテリーの充電装置に関しても同じことが言えます。

また、これは決してキャブコンタイプだけでなく、ハイエースなどのリアクーラーがついているものでも同じことが言えます。またコースターなどのエアコンなどは、それこそ目が飛び出るくらいの出費になりかねません。とにかく脅すようですが、エアコンは、すぐに修理してください。また、故障した履歴があるものは、しっかり確認して購入することです。個人売買などの場合は、しっかり修理歴を確認することです。新品で交換したのか、どういったお店でどれほどの費用で交換したのか、そういった修理の記録簿がない中古車の購入はされないことです。


 電装店、デンソー店で直すこと


エアコンだけは、一般の修理工場は避けておくことです。高くても、時間がかかっても、エアコン専門の修理工場で直すことです。日本の多くのエアコンは、デンソーが作っています。ですから、デンソーダイアグステーションといい、デンソーが許可する一定の基準をクリアーしたお店がエアコンの修理ステーションを行っています。そういったお店が全国に約800か所あります。ディーラーなどもこういったお店にエアコンだけは修理を出しているのです。

こういった高度な技術をもつお店に修理を依頼されることをお勧めします。正直、800か所のうち、キャンピングカーだといえば、その時点で、7割近くのサービスステーションは、尻込みし、ヘタをすれば断ってくることと思います。これが現状のキャンピングカーのおかれる整備業界の状況です。キャビンが上がらないから整備がしにくいとか、リアのクーラーがあるからだとか、また途中の配管を自分たちが施工したわけではないからわからないとか、整備工場の屋根の高さが低いから入庫できないとか、なんだかんだで断ってくるお店があると思います。それでも、こういったお店で直してください。もしくは、他の中古車店で買った車であっても、キャンピングカーの製造メーカーの直営店を通じて依頼をすることです。当然、費用は高くなるでしょう。それでも、それなりのお店、つくった会社に依頼をするといい、それがエアコンなのです。

また、我々買取店は、エアコン不調を隠されて買取依頼をお受けするケースもごくまれにあります。しかし、こういったお客様は、直感でだいたいわかります。しかし、一般の方はなかなか見抜きが難しい問題です。それこそ、前述のお客様は、個人売買の相手方ともだまされて嫌な思いをし、中古パーツを利用した整備工場とも嫌な思いをし、その後いろいろなお店をたらい回しにされ、キャンピングカーを購入されて、楽しみにしていた行き先が、エアコンのお店探しになってしまうケースも現実にあるのです。


では、最後にもう一度言っておきます。エアコンはすぐ直せ、少しの不調でもすぐ直せ。費用が掛かっても、中古品は使うな、新品のパーツで直せ。お店もそれなりのお店に依頼しろ、断られてもお願いしろ、見積もりが高くても愛する車なら直しておけ。中古車を買うときは、エアコンの修理履歴はしっかり確認しろ。とにかく、言葉は悪いですが、強い口調でお伝えしておきます。誰よりもこういったトラブルに遭遇する買取屋だからです。




 キャンパーハウス 高額査定  高価





 





キャンパーハウス

 キャンピングカー 買取 査定

    
 キャンピングカー 買取

 キャンピングカー 買取 査定
 公安委員会

  中古自動車査定業務実施店

   著作権について

キャンピングカー買取

四国へ行こう


   東京モーターショー

   キャンピングカー買取
     SSL証明書