本文へスキップ

キャンピングカー買取専門店 キャンパーハウス 名古屋、横浜を拠点に、全国どこでも無料出張査定

キャンピングカー買取専門店 
名古屋 横浜
買取

修理保証 アフター保証は加入したほうが良いか 


当店は、キャンピングカーの買取専門店、ですから店頭販売はいっさいしていませんので、客観的にこのことに踏み込みました。

中古キャンピングカーを購入するとき、修理保証に入ったほうがよいのか、どうしたらよいのか、そういう記事です。当初、2016年にこの記事を書いていました。

そして、2020年5月、加筆編集をおこないました。常に進化しているからです。

保証契約を受け入れてから改造をおこなったり、もともと違法改造があったり、それらが理由で故障が起きる可能性があるから保証会社は嫌がる車種なのです。当然、違法改造の車両は保険には入れません。だまして入れても故障した時には、修理費用の支払いはされないでしょう。

この記事を書いた、2016年当時、キャンピングカーは、修理アフター保証の保険に、ほとんど入れませんでした。一部の保険会社とグーネットが組み、キャンピングカーも修理保証に加入できる程度でした。

 キャンパーは保険会社が一番嫌う車両だから


キャンピングカーは新車のメーカー保証がきれたら、その後の修理はすべて実費です。当然のことです。ただでさえ後ろの架装部分でひやひやしながら乗っていて、そのうえでエンジンやミッションが壊れたら、架装部分の修理費用とは、今度は桁が違ってきます。エンジンやミッションは、20万円、30万円、軽くかかってしまうからです。

キャブコンのキャンピングカーはフル積載のトラックベースであり、またハイエースでも荷重はそれなりにかかっています。ですから、中古車の購入時は、カーセンサーもキャンピングカーだけは、保証対応をしていませんでした。なぜなら一般の車と違い、適用範囲の判断が難しいからなのです。よって修理保証がつけれない、入れないケースがほとんどでした。

キャンピングカーの中古車保証は、まだまだ過渡期ですが、大手キャンピングカーの専門店の購入で、大手の専門店経由であれば、入った方がよいと、お伝えしておきましょう。

詳細記事は、2021年9月、中古車保証のトラブル例、お勧めできる保険会社、加入時に注意したほうがよい車種などを加筆編集したため、メンバーページに変更させていただきました。ご了承ください。 







キャンピングカー買取専門店

キャンパーハウス




  

キャンパーハウス

 キャンパーハウス