キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買取、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

キャンパーハウス 050−5309−2006
年中無休 info@camperhouse.net   

中古キャンピングカーを購入したら必ずやること


中古キャンピングカーを購入したら、必ず行ってほしいことがあります。それは下回りの点検です。


   


どんな点検かといえば、錆や腐食の点検です。私たちプロの世界の売り買いでは、下回りは重要視されます。なぜなら、ボディー強度に大きく影響を与えるからです。特に事故車の場合は、補修箇所が腐食や錆が起きやすく、注意が必要です。

今回、この記事のきっかけは、中国道のタイヤ落下事故です。四国、九州方面への買取では通る道で起きた事故です。今回は、大型トラックのタイヤ落下が原因ですが、キャンピングカーも同様の事故が起きやすい車です。スペアータイヤの位置を変更したり、その場所を床下収納庫に変更したりしてあるからです。そういった移設時の溶接個所が非常に腐食を起こしやすい状況になっています。

    


例えば、このキャンピングカーは床が錆で傷んだ車です。床だけでなく、スペアータイヤも外すことすらできなくなっており、いつ落下してもおかしくない状況でした。

ですから、中古車を購入したら、スペアータイヤを降ろすことができるのか、落下する危険がないか、そういった点検をしっかりしてほしいのです。もし腐食していれば、錆を取り、錆止めを行い、それ以上の進行を食い止めておくことです。実は、溶接には、資格が必要です。しかし一部のキャンピングカーショップでは無資格で施工しているケースも少なくありません。ですから、発電機やエアコンの室外機が搭載してある車は、特にこういったことに注意が必要となります。溶接はごみや接合状況が悪いことで、僅かな腐食で切断が起きます。ですから、定期的にそういった下回りの接合個所はチェックしてみてください。車検の時に、腐食止を行っていただくこともよいことです。

ご自分でできることとしても、雪国や寒冷地にキャンピングに出かけたら、必ず下回りは洗っておきましょう。車のさびの進行はまったく違ってきます。自分の車が原因で他人の命を奪うことにならぬよう、日常の点検整備をしっかりしておきましょう。また、定期的にスペアータイヤを降ろすことも大切なことです。いざという時にさび付いて降ろせないということがないようにしておきましょう。高速道路でのパンク処理は長くなればなるほど危険度が増えるからです。





キャンパーハウス

 キャンピングカー 買取 査定

    
 キャンピングカー 買取

 キャンピングカー 買取 査定
 公安委員会

  中古自動車査定業務実施店

   著作権について

キャンピングカー買取

四国へ行こう


   東京モーターショー

   キャンピングカー買取
     SSL証明書