本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買取、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

キャンパーハウス 050−5309−2006
年中無休 info@camperhouse.net   

 キャンパーハウス  買取屋は見た!


 キャンピングカーの個人売買は大丈夫?


現在ネットが普及し、個人売買が掲示板やヤフオクなどで盛んに行われています。その反面、それに比例するようにトラブルが急増しています。個人売買で買ったから絶対安いと勘違いし、結局、異常に高いものを買ってしまった、またひどい事故車を買わされた、故障していた部分を隠された。特に外車は、センサーや警報の配線を計器裏側でカットされていたり、メーター戻しも、非常によくある話。というより、プロ間ではこういった騙しあいはよくあります。キャンピングカーは商用車がベース、いとも簡単に行えるからです。ですから、プロの間でも一定の期間クレームがきくのです。しかし、個人間取引ではノークレームという言葉で取引が行われています。

また、個人間でのトラブルは、前オーナーではなく、前々オーナーが根源の場合もあるからです。ですから、もめると厄介なのです。俺はだましてはいない、そういった主張になるからです。プロ間でも、評価点が5点のものが、一瞬で事故車だった、これは、よくある話なのです。事故の修復技術が非常にレベルが高いからです。ですからキャンピングカーという小さなパイに、大量に不良車両が流動している、これが現状です。一般の方では事故車の見抜きは難しいと思ってください。そんなことがヤフオクや個人売買の掲示板で現在平気でおこなわれています。プロから言えば、とても驚く異常な取引なのです。

 メリットよりもリスクが大きい


個人間の掲示板などでの取引では、事故車、事故歴なし、そんな保証はまったくないと思ったほうが良いでしょう。個人間だから大丈夫だ。そんな甘いものではありません。買取りで多くの後悔の念をお聞きしてきたからです。唯一、ワンオーナーであれば、信用すればよいでしょう、2オーナー以上の事故歴の保証は、まったく無理な話なのです。

ですから、個人間取引は非常に大きなリスクを伴います。買うほうも、売る方もです。しかし、買う方の方が、一番のリスクを伴います。私たちプロであっても、オークションで高評価なものであっても、瞬時に事故車ということも常にあるからです。査定士の資格をもっていても実践経験と実践ノウハウの両方が必要になります。当店のバイヤー責任者は、多くの実戦経験と高度な実績をもち、査定協会の事故車判定の研修会、最も厳格といわれるオークション会場の事故車研修会にすべて参加して、ノウハウを研鑽、そして習得しています。それでも事故車の見抜きは非常に難しいのです、それが事故車判定の世界なのです。高度な修復歴技術と、高度な事故車隠しの転売が行われているからです。一般の方がとても見抜けるものではありません。

ヤフオクでノークレームという言葉がありますが、正直めちゃくちゃなルールです。プロの世界のオークションでは、ノークレームなどいうという言葉はいっさいありません。ある一定期間、クレームは当然受け付けます。受け付けなければ、怖い、それが自動車だからです。それを素人の方々が、恐ろしい取引を個人間、ヤフオクでなされています。

 実は業者が一般人のふりをしている


また、業者が個人のふりをして、購入したり、販売をするケースも多々あります。安く買って、それをすぐに高額で業者間で売る。カーセンサーやグーネットで個人売買したはずの自分の車が、高額で売りに出ていたら、けっして気分が良いものではありません。しかし、現実に現在非常に多く起きている現象なのです。

大切に乗るからといわれ、安く譲ったのに、それが業者だった。なら最初から業者に買取をさせたほうが良かったとお聞きします。また逆に、大切に長年乗っていた車です、とか、友人の車だけど、とか、ネットがよくわからない友人なので、とか、委託で任されて出しています、といって、取引をしたら相手はなんと業者だった。しかし、「ノークレーム」という、「ネットの最高の伝家の宝刀」を利用して取引をしていることで、後々何も言えない。これも非常に多いことなのです。オークションと違い、評価は、事故歴がある無しだけです、事故車に限りなく近い、無事故車もあるのです。ここはしっかり、ご注意ください。


 プロの業界もだましが行われる


当店は、お客様から買い取ったキャンピングカーを整備、清掃して、オークションへ出す、これがメインの運営方針です。オークションではいくつかの禁止事項があります。オークション会場には一般人は入れない。オークション金額は、公開してはならない。もう一つが相場の操りです。しかし、そのすべてが守られていません。おいおい子供を連れてきてはダメでしょうとか、オークション金額をすべて公開している規約違反のサイトも山ほどあります。

また事故車や距離戻し、違法改造車も高値がついて、何の問題もなく、市場を流れている、それが現状です。そして、タイヤバーストやボルト折れの事故も起きやすくなる。また、それを市場値段と考えて、個人間取引もされています。ですから個人間取引はほとんどメリットはないと思います。


 取引のトラブルを見る


36年前にキャンピングカーの車内改造だけでなく、改造申請を通した実践経験から、キャンピングカーの仲間たちから売買や改造の相談をこの36年お受けしてきました。22年前から古物商とオークション資格を持ち、建築の国家資格を保有し、査定士の資格も保有しております、キャンピングカーに関しては、仲介、仲立ちをおこなってきました。また、ベバストヒーターの取付認定事業者でもあります。

個人間売買が増えていくにつれ、それと同時に「騙された」、「事故車だった」、がどんどん起きていることを耳にします。おそらく売った方も故意にだましたわけではなく、ファーストオーナーの事故を無事故車として騙されて購入し、それをサードオーナーに売った、ある意味被害者の方が多いのです。しかし、トラブルが起きると人間関係は簡単に終わります。そういったケースが36年もキャンピングカーの世界にいますと、腐るほど見てきました。仲間同士の売買のトラブルこそ厄介なものはありませんからね。

また、前述のように、カーセンサーやグーネットをみて、それが販売相場と勘違いした値段設定が個人間取引でおこなわれています。安く買えば、事故車であってもけっしてよいとは言いません。でも異常な値段だからこそ、のちの大きなトラブルになっていきます。現在多くの個人間取引に出ている車両の金額は、オークションで買うほうがはるかに安い金額で手に入る値段設定が多いでしょう。ですから、現実には取引が成立していないケースがほとんどです。また個人間取引は、民事で、相手側がある程度使用して走行距離が伸びても、訴えられると、所詮負けますし、とても面倒なことになります。

           キャンピングカー 個人売買
個人間の取引は、個人情報も「だらだら」になります。個人間取引だと考えて、車も書類も渡し、実はただの買取業者だった場合、名義変更をせず、オークションを渡り歩く車両もあります。そういった間に、印鑑証明や住民票が様々なところを渡り歩くことになりかねません。正しくない個人間取引はメリットが非常に少ないのです。

プロではないある意味中途半端なプロに、印鑑証明を渡すわけですから。

 売られる方は 


ポイントは、整備点検記録簿を作成しておくことです。ブレーキパッド残量、バッテリー、マフラーなど「売るからこそ」、整備点検がなされていると、次に買う方は安心だからです。個人売買で売る場合は一番の売りになります。

 買われる方は


個人間取引をされるとき、何日以内に事故車と判明した場合、購入の契約はすべて白紙、破棄されるものとする、という特約条項を入れて契約取引、購入をされておくとよいでしょう。その間に事故車判定をおこなうことができます。

騙されることがずいぶん防げると思います。正しくない個人間取引の相手であれば、その段階で、商談は終わるはずです。家族で余暇を楽しむ車です。しこりの無い取引をなされてください。

買取屋は見た! 買い取りで多くの個人取引で購入された事故車を見る立場からの意見です。数年たってからがっかりするのはとても嫌なものだと思います。



 高額査定 高価    















キャンパーハウス

 キャンピングカー 買取 査定

    
 キャンピングカー 買取

 キャンピングカー 買取 査定
 公安委員会

  中古自動車査定業務実施店

   著作権について

キャンピングカー買取

四国へ行こう


   東京モーターショー

   キャンピングカー買取
     SSL証明書