本文へスキップ

キャンピングカー買取専門店 キャンパーハウス 名古屋、横浜を拠点に、全国どこでも無料出張査定

キャンピングカー買取専門店 
名古屋 横浜
買取

キャンピングカー

ベッドカバーやカーテンは洗濯を


        キャンピングカーのベッドマット クリーニング 洗濯
 

      
キャンピングカーのベッドマットのクリーニングをしている写真です。当店が高額買取をさせていただく秘密がここにあります。実は、これをきれいにすると、販売価格、取引価格が大幅に変わるからです。

プロの業者さんが、オークション会場でキャンピングカーの買い付けをおこなうとき、下見でドアを開けてみた場合、見える視界の中で、ベッドマットやカーテンは非常に大きな面積を占めているからです。ですから、プロのオークション業者さんは、第一印象で、カーテンやベッドマットのカバーが汚いと、買うのはやめようと考えてしまいます。

また、委託して下見をしてもらう場合、下見人の第一声が、購入権を持つ代表者やバイヤー担当に、「綺麗なお車です」「汚い車です」と、このベッドマットとカーテンをみて、人間は心理上、影響が大きい言葉が出るのです。人は心理上、大きな面積に目、視覚を奪われるからです。それと、大きな面積イコール、これらから発生する臭いも大きな影響を持つでしょう。

キャンピングカーの場合、とにかくきれいな車が売れる、一定の法則があります。プロの取引では、とにかくきれいな車が欲しがられます。つまり、それは店頭に並んで車を売る、販売店でも同じことが言えます。ですから、ベッドマットやカバー、カーテンはきちんと洗濯をして綺麗にしています。

アレルギーで悩んだらお洗濯

ダニやカビも退治

   キャンピングカー カビ ダニ 汚れ

上記の写真は、買取したキャブコンで、5年乗られたお車のカーテンとカバー類の洗濯のお水です。写真で見えますが、水は真っ黒です。ですからベッドマットのカバーも定期的に洗うことをお薦めします。キャンピングカーにのられているご家族に聞くと、ホルムアルデヒドで悩まれて車を手放す方が多いようですが、カーテンやマットカバーを面倒でも、新車であっても洗うことで、ずいぶん違ってくるのです。

新車製造時に、こういった布類は、さまざまな化学物質を吸着してしまうからです。2017年8月あらたにシックハウスの有害化合物が増えました。対策をしている、大丈夫という会社ほど、トラブルが起きています。今後も有害化合物の対象物質は、イタチごっこが続くでしょう。ですから、新車時だからこそ、カーテンやカバーをお洗濯をしてから乗られるといいのです。

 ホルムアルデヒド対策


使用年数が経過したものは、排気ガスや花粉、さまざまな雑菌も、布類に染みこんでいます。小さな子供さんがいるご家庭は、家の中の大掃除をなさることと同じように、一年に2度は、シートカバー、カーテンのお洗濯をお薦めします。キャンピングカーで旅行するたびに、子供が風邪をひくんだよ、体調が崩れるんだよ、これはよく聞く話です。ちょっと環境が違ったしね、とか、寒かったからかな、といって、今度はFFヒーターをつけようかなではなく、カーテンやベッドマットを単純に洗ってみることをお薦めします。子供たちの健康を考えてキャンピングカーを買って、自然と戯れようと考えていても、現実には、車内でカビやダニと仲良くしていたなんて、本末転倒です。雨でも、雪でも、梅雨時でも、風を通して乾燥できない、住宅とは全く違う悪環境がキャンピングカーなのです。

2019年、一年待ってキャブコンが来たら、子供が化学物質アレルギーになってしまった。だから売却したい。そういった悲しい相談をお受けしました。中をヒーターで暑くしてしまう方法もありますが、いつもシンプルに洗濯をおすすめしています。いくぶんでも清浄な空間になるはずです。


クリーニングでメーカーの

善し悪しがわかる


キャンピングカー製造会社の善し悪しは、こういった顧客自身でのメンテナンスがしやすいように作ってある会社、そうでない会社で大きく製造ポリシーが違ってきます。まったくこういった手入れができない会社もまだまだたくさんあります。見栄えよく、かっこ良くの会社と、見栄えは悪くても、ご家族が健康で安全にキャンプができることを目指している会社と、大きく方向性が違う、これが現在のキャンピングカー業界です。バンテック、ナッツ、アネックス、リンエイ、こういった会社のシートは綺麗にしやすいですね。ここでは書けませんが、超人気のビルダーのシートは、汚れがまったく取れないものもあります。なんでこんな生地を選ぶのだろう、そう思います。

その点、外車はぶっ壊れますが、海外のキャンピングカー、モーターハウスはそういった点はきっちりうまく手入れができるようにしてあります。さすが輸入車です。

適当な清掃はしない 洗剤かぶれ


キャンピングカーの中古車を買われる場合、適当な清掃がしてあるぐらいなら、まだ汚いままの方が良い場合があります。おいおい、綺麗にしろといったり、今度は汚いままがいいとは、いい加減にしろ、キャンパーハウス、と思われますね。どういったことかというと、ここで丁寧にご説明しましょう。

キャンピングカーは、中古で買われた場合、元のオーナーさんがどんな使い方をしていたか、詳細にはわかりません。わかるはずもありません。そういった中で、ソファーやベッドの生地に関しては、市販のシートクリーニング剤を使用されていると、子供さんや奥様が素肌で触れて長時間乗られる場合、また一昼夜、顔を生地にくっつけて寝た場合、素肌があれる事故が起きるケースがあります。というよりこういった事故が発生しています。これは、いい加減な中古車店が、単純に綺麗に見せるためだけに表面的なクリーニングをしてある場合も起きてしまいます。わかりやすく言うと、洗剤かぶれです。

    ベッドマット クリーニング キャンピングカー

キャンピングカーの場合は、普通の車と違い、子どもたちが、長時間、素肌で触れ合うからです。当店では、面倒でも、きちんと水洗いをし、何度も何度もすすぎをおこない綺麗にして、市場に出すようにしています。中古車で買われて、子供さんや女性の方が、手足や顔が、洗剤や科学成分で荒れたり、事故が起きないようにしています。

ぜひ、中古車を買われた場合、綺麗であっても、一度は水洗いをしておきましょう。見かけだけの洗浄をしてあると、洗剤かぶれを起こしてしまいますからね。もう一つ、洗剤成分が残っていると、新たな汚れも吸着しやすいという特性もあると思ってください。洗剤成分が汚れをよんでしまう傾向もあるからです。

当店は、特殊洗浄機といい、シートやマットを洗剤を噴射しながら、一瞬に綺麗にしてしまう高性能なマシンを所有しています。しかし、シンプルなお洗濯が一番ベストである、そう申し上げておきます。スポンジをカバーに戻すときは、それこそ大仕事ですがね。





キャンピングカー買取専門店

キャンパーハウス



キャンパーハウス

 キャンパーハウス