本文へスキップ

キャンピングカー買取専門店 キャンパーハウス 名古屋、横浜を拠点に、全国どこでも無料出張査定

キャンピングカー買取専門店 
名古屋 横浜
買取

キャンピングカーにトイレは必要なのか?



  キャンピングカーのトイレ    キャンピングカー


今までのC2が左です、右は新型のC-402Cです。 THETFORDのトイレです。日本のキャンピングカーには、ほとんどこれがついています。TOTOとLIXILのどちらかが、キャンピングカー用のトイレを製作するようになる時が、日本のキャンピングカーが大変革するときである、ずっとそう思っています。まだまだずいぶん先でしょうね。

このふたつは多少加工が必要ですが、幅は同じ670です。ボディー自体が割れたときのために当然専門店であれば全交換もできます。

気圧の問題 ワンポイント

THETFORDのトイレは、用を済まされたとき、タンクへ落とし込むためにシャッターを開きますが、タンク内部とタンク外部に気圧差が無ければ、タンクへ、水は自然に流れ落ちます。が、万が一、その場所の外気圧が低くなっていて、タンク内部の気圧の方が、気圧が高い状態でシャッターを開けてしまうと、タンク内部の圧力が高いため、空気がいっきに外部へ吹き出ししてしまう、気圧差によりトラブル(体にかかる)を起こしてしまうケースがあります。ドライブに行って、山の上でこういったことが起きると厄介ですからね。気をつけてください。

              キャンピングカー トイレ 爆発 暴発 ガス

とにかく、使用後はシャッターの開閉は、トイレのフタを閉めた状態で行うように、壁に注意書きを張っておくことです。しかし子供さん連れの場合は、山間部へ行ったときは、使う前に外部からタンクを引き出して圧力差をなくしてあげておくことも方法です。エアー抜きの施行がなされている車両も一部にありますが、ないものがまだありますからね。

中古で買った場合 どうしたら

          フレッシュキット

通常は、スチーム蒸気でトイレルームをすべて熱殺菌をおこなえば、とても綺麗になります。また、フレッシュアップキットを利用して、便座とタンクをパーツ交換してしまえば、気持ちよく使えると思います。ただ、新車の場合は、基本、固定型トイレでないものをお勧めします。

トイレは必要なのだろうか

8ナンバーを取得するには、天井高、調理設備、専有面積、車の最大安定傾斜角度、様々なルールがあります。トイレは8ナンバーの規定には、まったく関係ありません。

しかし、40年前に、名古屋陸運局で個人で初めて8ナンバーを通した、当店の代表は、ハッキリ言い切ります。経験から、キャンピングカーにトイレは必需品である。と

それはなぜか。軽自動車でも、ハイエースでも、トイレスペースのないキャブコンであっても、トイレは絶対に必要だと言い切ります。キャンピングカーは家だからです。

道の駅は昨今、夜間の停泊が嫌われています。ですから多くのキャンパーは、深夜に移動し、SAで停泊して朝早く起きて目的地に向かう。そういった移動方法をとられる方が非常に増えているように感じます。高速SA、PAのトイレは非常に綺麗です。しかし、昨今、SAも運営上、高速道路利用者だけでなく、一般道からの利用が増えています。ゆえに盗難事故も増えてきています。ですから深夜の利用は危険ですし、小さな子供さんや女性だけの旅では、車内にトイレがあることは、大変助かります。つかわなくても精神的に大きな余裕につながるはずです。

THETFORD、Dometic、カーメイトなどのポータブル型トイレをのせておくだけでよいと、アドバイスしておきます。なぜなら、この方が何事にも気楽だからです。処理も小型、使うのも小型。深夜にちいさな女の子をSAのトイレに行かせるぐらいなら、家族みんなが車内から出て、車内で利用させてあげればよいと思います。カーテンがなくても、カッパやポンチョを使用すればよいでしょう。ひとりが起きれば、みんな起きますから(笑) 非常用の使い捨てトイレとはまったく使用感、安心感が違います。






前述の、固定型トイレがついているキャンピングカーは、絶対便利ですし、かっこいいです。しかし、ポンプやスイッチが壊れることもあります。また冷蔵庫の記事でもお伝えしましたが、自宅の駐車場に駐車しているときに、どうしても車内が、湿気の影響で間違いなくトイレ臭くなってしまいます。カセットトイレ特有の消臭剤の影響なのです。そういった意味でも、ポータブル型トイレ のほうがメンテナンスは大幅に楽です。降ろしておけば、車内に、消臭剤の影響をほとんど与えません。

別に機能は大きく変わりません。そして一番の利点は、カセットトイレ自体を丸洗いできます。家庭で災害時にも使えますし、お手入れも楽です。2020年、コロナウイルスの問題が起きていますが、こういったトイレが車内にあれば、一時的に、車庫、車内が避難場所にもなるでしょう。

車を売却するときに外せばよい




正直に言いましょう。トイレは誰でも欲しいのです。ただ人が使ったものは嫌だということですね。結論はそういうことです。だから、本来はプラスになるものだけど、売る時には次に買う人の心理的にマイナスになる、ちょっと特殊なもの、それがトイレではないでしょうか。ですから面白いもので、1000万を超える高級キャンパーでも、ほとんどの方が未使用の方が多いですね。

ポータブル型トイレは、積んでおけば便利だし、フルに使用しても売るときは、新品に入替えておけば、使っていたことの形跡すら、綺麗に消すことができます。そういったすぐれもののトイレだとお伝えしておきます。



キャブコンも固定式高級トイレが装着されているものより、トイレのスペースだけがあるもの、マルチルームの方が、次に買う方にとっては良いはずです。またハイエースなどでも、上記の写真、アムクラフトのコンパドルクなど、使う、使わないに関わらず、トイレが収まっているだけで中古車市場では大人気、奪い合いになります。載せていてもまず使わないでしょう、しかし、載せているだけで、子供さんや奥さんは安心できるキャンピングライフになるはずです。

上記の3台とも、5年以上使ったお車ですが、トイレは未使用でした。それでいいと思います。しかし、ここにあるだけで、オーナーはいざという時に安心で余裕のキャンピングライフを過ごせたといいます。そして次のオーナーも、不潔感を感じずに購入できます。実は、こういった車の市場の動きは非常に速いといえます。買取金額が高いとか、お店の店頭価格が高くなる、そういったことではありません。我々買取店は、相場データーだけでなく、カーセンサーやグーネットで、お店に並べられてから売れるまでの期間の統計もすべてとっています。カセット式トイレが載せてあるだけで、販売期間は圧倒的に短い傾向があります。

ポータブルトイレは、8ナンバーでも、4ナンバーでも、軽自動車であっても、車中泊車には、絶対にあるべき装備、備品ではないでしょうか。キャブコンのキャンピングカーでトイレがない車より、軽自動車でもポータブルトイレが乗っている車の方が、真のキャンピングカーだと思います。使わないけど、欲しい設備、女性や子どもにとって載っていて嬉しい設備なのです。

現在マナーが大きく低下し、道の駅やSAもお掃除チェックしない時間帯のトイレは汚い場所も増えてきました。靴が汚れていることを知らずに車内に持ち込むことになると、とても嫌な旅になります。

キャンプ場も、SAも、道の駅も、深夜に子ども一人、女性一人でトイレにいくこと、行かせることが、安全な国であった日本が、残念ですが安心だとは言いきれなくなっていると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







キャンピングカー買取専門店

キャンパーハウス


キャンパーハウス

 キャンパーハウス