本文へスキップ

キャンピングカー買取専門店 キャンパーハウス 名古屋、横浜を拠点に、全国どこでも無料出張査定

キャンピングカー買取専門店 
名古屋 横浜
買取

レンタカー履歴の

キャンピングカーは買うべきか


結論から申しましょう。

慎重にされるべし。気に入ったなら、安くしてもらって買われるべき。そう先に申しておきます。

これから理由をお話しします。我々プロの取引では、「自家用」と「事業用」と自動車の過去履歴の申告があります。なぜなら事業用は荒く利用されているケースが多く、車両に負担がかかっていると判断されるからです。極端な話、事故車と同じような評価を受けるケースもあります。

「おいおい、そんなことないぜ。レンタカーはしっかりした整備が義務付けられているぜ」そう言い分がある業者もいるでしょう。

そうなのです、荒く使うからこそ、重整備が義務付けられるのです。しかし、一部のお店では、レンタカー履歴を隠して販売しているお店もあります。現実はハードな利用をされているケースがほとんどです。中古車を購入される場合、一カ月以内にレンタカーだったら返品していいですか、とか、解約していいですか、そう約束しておけば良いと思います。契約書に入れてもらっておけば良いと思います。車歴といい、陸運局で過去の使用履歴がすべて出てきますから、それで最終判断できるはずです。きちんとした車屋さんは、販売前にこの履歴を見てから販売しています。


   



そういった面でも前述の話をされると、騙そうとするお店は一歩も二歩も引くはずです。たしかにレンタカーはオイルをマメに交換していたり、ブレーキを点検していたり、しっかりした車がないわけではありません。しかし、その多くは、電気系統、冷蔵庫、インバーターなど許容を超えた利用がレンタカーの場合はされているケースが多いはずです。また、事故車も多くなってきます。

上記のコースターは、過去、自家用利用の履歴として中古車店で販売されていました、当店が買い取らせていただいたとき、おそらくレンタ履歴であろうとお伝えして買取させていただきました。後日、当店が調べてみるとやはりレンタカー履歴でした。ある特定のパーツで我々プロはレンタ履歴は、まずわかります。当時、この車を購入したお客様は、いっさいレンタカー履歴を聞いていませんでした。

プロオークションへは、レンタカー履歴ありと、キャンパーハウスが出品することで、こういった車は今後、履歴を隠されて販売される可能性は少なくなります。これも私たち買取専門店の一つの役目だと考えています。


現在のような、たま不足が続くキャンピングカー業界で、レンタ履歴というババをつかまされないようにしてください。少なくてもきちんと説明を受けて、お値打ちに購入されていればババではなく、それはお値打ち車になるでしょう。
    





キャンピングカー買取専門店

キャンパーハウス





キャンパーハウス

 キャンパーハウス