本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買い取り、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

全国対応 キャンピングカー
買取専門店 050-5309-2006

  スタッドレスを通年装着してよいのか



スタッドレスタイヤを通年履いている方をたくさんお見受けします。事実我々が買取を行う時、夏でもスタッドレスを履いている車両を買い取ることが多々あります。実はこれは絶対にやめていただきたいことなのです。

スタッドレスタイヤは、時期が終われば、サマータイヤに絶対に履き替えてください。

あえて「時期」という曖昧な言葉を使ったのは、地域や高度によっては、5月以降も履いた方がよい場所もあるからです。原則は春以降はサマータイヤに履き替えてほしい、そういった記事です。

理由は、スタッドレスタイヤを通年履くことに、様々なデメリットがあるからです。メリットは何もないと言ってもいいでしょう。金銭的なお得感はあるでしょうが、それらを軽く打ち消す、デメリットがたくさんあるからです。


JAF   タイヤのブレーキ性能

https://jaf.or.jp/common/safety-drive/
               




まず、スタッドレスを温度の高い時期に履くことで、ブレーキの制動距離が非常に長くなります。JAFの実験をご覧になられればわかりますが、天気の良い日で車一台分、雨の日は二台分ほどの距離が変わります。当然、制動距離は長くなります。

たいした距離ではない、車間をとっていれば大丈夫、そう考えるからこそ、夏でも履かれるのだと思いますが、車重が重たいキャンピングカーだけに、僅か一メートルでも制動距離が延びることで、衝突時の他車への影響は計り知れないものになります。

私たちが買取を行って、夏の暑い時期にスタッドレスを履いたままの車を買取すると、ハンドルが大きくぶれる車両もあります。理由は熱によりタイヤが溶け、ブロックがとれたり、変則的な摩耗、偏摩耗をしているからです。当然こういった車両は、それこそハンドル機構、車軸にも大きな負担がかかります。そういったことも、バーストやハブボルトが折れたりすることにつながりかねません。

車重が重たいキャンピングカーだからこそ、夏は夏タイヤを履く、冬は冬タイヤを履く、きちんと履き替えを行ってください。

JAF 冬こそスタッドレスを
https://jaf.or.jp/common/safety-drive/








キャンパーハウス

 キャンパーハウス

 キャンパーハウス
 キャンピングカー 買取 査定