本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買取、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

キャンパーハウス 050−5309−2006
年中無休 info@camperhouse.net   

 多走行のキャンピングカーは買うべきなのか



多走行の車は、我々プロの世界の値付け、相場は安くなります。なぜなら、理由は市場で受け入れられないからです。買う人がいなく市場で安く売られるために、我々は安く買うしかない、そういった「つまらない」構図になっています。

しかし、この構図は世界でも日本だけといってもよい「馬鹿げた」構図です。世界では車は車、距離を乗ってあたりまえ、そういった考え方、仕組みになっています。住宅もそうです。イギリスなどでは古い住宅にこそ価値が見いだされますが、日本は古くなれば単純に価値はありません。

ここ最近は、カーセンサー、グーネットも大きく影響しています。時代とともに、日本の馬鹿げた構図が改善されるどことか、ネット社会になって、より深刻な状況になっています。検索で車を探すとき、5万キロ以下、10万キロ以下と、絞り込み機能がついていることで、差別をより大きくしてしまう、問題が起きてしまっています。



     キャンパーハウス



なら、買い取り屋のキャンパーハウスから言えばどうなのか。

5年で、10万キロ乗った車は、非常にエンジンの調子が良い、そう言い切れます。なぜならハイエース、カムロードは軽く30万キロを走るように設計されています。ですから、キャンピングオーナーのつわものが、「俺は距離を走るぜ」、そういっても輸送業界のプロから見れば、たかがチョイノリ程度の車になってしまうでしょう。それぐらい高い耐久性能を日本の商用車は持っています。だからゆえに、日本の車は、どんなに古くなっても高値で輸出されていきます。

そういった日本車のバックボーンがあって、キャンピングに商用車は架装されていますから、10万キロ、20万キロ乗っていても何も問題はない。そう言い切れます。逆に我々は、年数が経過しても、一万キロも乗っていない車を買い取る時の方が、タイヤバーストや途中でのエンストを気にするぐらいなのです。

ただし、距離を極端に乗った車はさすがに故障とは向き合うことになります。どんな故障かといえば、故障というより、様々なパーツ交換が必要になってくると考えてください。回転する部分、動く部分は、距離に比例して傷んできます。ですからそういった部分を考慮して、カーセンサーやグーネットで距離が走っていない車と金額差を明確に割り出して、購入なさるとよいでしょう。30万円安い、50万円安い、それだけ安いなら、万が一の故障は、その金額でカバーしよう、そういった買い方です。

面白いもので、我々の経験では距離を走った車は、意外に置きっぱなしの車より、雨漏れなどの車は少ない傾向があります。またあったとしても早期に気づいて手直しがなされています。置きっぱなしの車は、内部が腐食していたり、カビが生えていたり、それなりに治す際、手がかかる車も少なくありません。

最後に、距離を走った車、距離飛びの車を選ぶときのポイントをもう一つ、お伝えしましょう。まず、安く買うことは今までお伝えしました。次に記録簿です。ただの記録簿ではありません。正規ディーラーによる整備記録簿がある車なのか、できればワンオーナーなのか、そこに注意をして車選びをしてください。現在車検は非常に安く取れるようになりました。何もしなくてもいいから車検通して、といった車検もあります。

正規のディーラーは費用が高いと揶揄されますが、距離数に応じて行わなければならない検査項目を原則はおこなってくれています。そういった意味でもこういった記録が残されている物を選んでください。安心して多走行の車に乗れると思います。







  高額査定 高価買取 キャンピングカー  キャンパーハウス 







キャンパーハウス

 キャンパーハウス


 キャンパーハウス


 キャンピングカー 買取 査定
 公安委員会

  中古自動車査定業務実施店

   著作権について

キャンピングカー買取

四国へ行こう


   東京モーターショー

   キャンピングカー買取
     SSL証明書