本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買取、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

キャンパーハウス 050−5309−2006
年中無休 info@camperhouse.net   

 買取屋は見た!


 屋根をみればすべてがわかる


屋根をみればすべてがわかる。買取車両の善し悪しは、屋根をみればその車のすべてがわかる、そういっても決して過言ではありません。なら、何がわかるんだ、そう思われることと思います。

まず一点は、その車の保管状況ですね。屋外なのか、屋内なのか、西日が当たる場所なのか、雨が当たりやすい場所なのか、屋根の状況でそれらはすべてわかります。紫外線による劣化、雨染み、汚れ具合、左右のコーキングの劣化の違い、どういった場所にどう保管されていたかは、一目瞭然なのです。ですからキャンピングカーの善し悪しは、屋根でそのすべてがわかるのです。

次に、雨漏れが起きているか、いずれ起きるか、そういった判断も可能です。コーキングが劣化していたり、剥がれていたり、実は外部からの方が、雨漏れは早期にわかるのです。逆に室内からわかるようになった状況は、もう完全に手遅れです。それは誰でもわかる状況でもあります。当然車の価値は大幅に落ちることになります。

また屋根は、メーカーの体質、仕上げのレベルもわかる、それが屋根の特性なのです。だから、屋根をみればすべてがわかるというタイトルなのです。

 保管状況


キャンピングカーの屋根はそう簡単にメンテナンスできる場所ではありません。私どもプロであっても、危険が伴いますから、足場を組み、メンテナンスいたします。当店でも三重の拠点において、大型クラス、コースターレベルは専用足場を組んで整備しています。

それこそ一般のユーザーはキャンピングカーを購入したら、屋根を洗うことはめったにないと思います。ですから、購入年月のすべての影響を、屋根はまともに受けています。できることであれば定期的に屋根の洗車、ワックスがけができれば理想です。FRPは強いと言えどもメンテナンスは必要だからです。モーターボートも定期的に陸揚げしてメンテナンスをするものと、ずっと海の上のものとは大きく状態、価値は違ってきます。

ですから、キャンピングカーの屋根は、保管状況、メンテナンス状況が一目瞭然の場所になるのです。また、雪国などの車両は雪や氷の落下でユーザーも知らないうちに凹みができている場合もあり、キャンピングカーだけでなく、一般の車も査定には大きく影響します。ですから、私たち買取屋は、買取の際、屋根をしっかり見させていただきます。

人間と同じく、頭の部分はキャンピングカーにとっても非常に大切な場所だからです。そんな大切な屋根部分で一番チェックするのは、コーキングの傷み具合ですね。経年劣化、剥がれ、硬化など、コーキングやゴム類が傷んでいると、知らないうちに雨漏れになるからです。

  屋根をみればすべてがわかる


  
例えば、上記のような天井のつなぎ目のコーキング部分に虫食い状態の傷みがあると、こういった場所から、水が染みこんだり、コーキングが剥離していきます。ですから、なにごとも早期に対策をおこなうことが大切なのです。こういった部分をしっかり補修していけば、キャンピングカーの雨漏れは起きないといってもよいでしょう。私どもが買取させていただく多くの車両は、こういった細かな場所も手を加えて再販しています。小売りに軸足を置かないキャンパーハウスですが、セカンドオーナーになる方が安心してキャンピングカーに乗っていただきたいからです。

また、プロオークションの世界では、とにかく下見で気にするのは雨漏れだからです。それこそ漏れだすと修理が大掛かりで、とても手間だからです。当店のように建築や土木の国家資格を保有し、高度なFRP補修、内装の仕上げ直しを容易に行えるお店はまだまだ少ないからです。

キャンピングカーのオーナーの方は、こまめに屋根のチェックをおこなっていただきたいものです。購入した業者さんに定期的に見てもらうことです。そして早期に手を入れておくこと、そうしておけば雨漏れを起こして車両価値を大きく下げることはなくなるはずです。

 仕上げでメーカーのレベルがわかる


  
  屋根をみればすべてがわかる

上記のソーラーの取り付けビスのコーキング。誰がみても汚いですよね。これはそれなりのトップメーカーですし、まだ2年前に製造された新しいキャンピングカーです。これは建築施工の世界では、完全にアウト。ただコーキングしたというだけのコーキングです。いずれ確実に漏れます。こういった仕上げを当店ではやり直して市場に出すときもあります。

きちんとしたメーカーは、こういったユーザーがみえない場所の仕上げをきちんと仕上げてきます。キャンピングカーの中古車市場は、きちんとしたメンテナンスをおこなって高額な利益を乗せて販売する中古車店と、何もせず高額な上乗せだけをおこなって販売する両極端の販売手法があるように、新車の業界も、見えない部分の施工を丁寧に行う会社と、見えないところだからどうでもいいと、完全に手抜きをしている会社に、面白いほど分かれています。2017年現在でもです。表向きは綺麗に見せて、裏側は思いっきり手を抜いている会社に、見事に分かれています。無論、どうでもいいところは手を抜いて構わないと思います。ただ、屋根のように見えないけれど重要な場所は手を抜いてはダメだからです。

新車販売は当店はいっさいおこないませんし、小売りにも軸足をおいていませんから、身分を名乗ってお問い合わせをいただければ、どこの会社の仕上げ写真なのか、お話はいたします。インターネットでは、たとえ事実であっても営業妨害になります。キャンピングカーの世界は、当店の代表が36年前にキャンピングカーの改造申請を名古屋陸運局で個人で初めて通しから、この40年、きちんと真面目に製造をしている会社と、適当な製造をおこなっている会社とはっきり分かれています。また、中古の買取査定やオークションの成約金額でも、メーカーの市場価値はそれなりに評価されてきます。しかし、まだまだ細かな部分は、まだバレていない、だから上記のようないい加減なコーキングが行われているのです。


  ナッツRV ソーラー仕上げ

逆に、上記の写真は、ナッツRV社のソーラーの施工写真です。実は、同じ機種のソーラーですが、一定の年数(6年)が経過しても、きちんとコーキングが生きています。そしてとても綺麗に仕上げています。綺麗に仕上げることで、コーキング部の亀裂や毛細管現象が起きている場所が、的確にわかるのです。悪い例の写真を見ればわかりますが、亀裂などの発見はとても難しくなります、当然です、仕上げた時点ですでに亀裂が起きているわけですから。


中古車を購入される場合、屋根をしっかり見て買うことです。またしっかり屋根を見せてくれる業者で買うべきです。見せない業者は、屋根のメンテナンスをしていない、屋根で車両価値が違うことの知識すらない、そう断言しておきます。

また、新車を購入する場合は、屋根の仕上げを甘く見る会社からは購入しないことです。屋根を甘く見る業者は、すべてにおいて甘く見る仕事がしてあります。そう断言してもよい。それが「屋根」だからです。ベンチレーターやソーラーの取り付けも見せてもらうことです。

キャンパーハウスの「買取屋は見た!」 屋根を見ればすべてがわかる。個々の車の価値だけでなく、会社の姿勢すらわかるのが屋根だと申しておきましょう。




 キャンパーハウス 


 高価 高額査定



















キャンパーハウス

 キャンピングカー 買取 査定

    
 キャンピングカー 買取

 キャンピングカー 買取 査定
 公安委員会

  中古自動車査定業務実施店

   著作権について

キャンピングカー買取

四国へ行こう


   東京モーターショー

   キャンピングカー買取
     SSL証明書