本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買取、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

キャンパーハウス 050−5309−2006
年中無休 info@camperhouse.net   

 買取屋は見た!


 ディーゼルエンジンか、ガソリンエンジンか

買取屋は見た。今回はディーゼルエンジンか、ガソリンエンジンか、ごたごた、ずらずら、よさ悪さを述べることになります。ですから最初に結論を書きます。また駆動方式、リセールバリューは完全に横においてお話をいたします。

        キャンピングカーには、ガソリンエンジンです

ずばり、「キャンピングカーには、ガソリンエンジンです。」これが結論です。


 なぜガソリンエンジンが良いのか。

キャンピングカーには、ガソリンエンジンですそれは、キャンピングカーだからです。エンジンを語れば、それは、当然それぞれのよさがあります。燃費やトルク、実際に我々は買取後に一般の方とはけた違いの距離を陸送しますから、ディーゼルの良さも当然理解しています。

左の写真は、九州に買取に行くと、お世話になるJR九州の列車ですが、列車も電車とディーゼルがうまく使い分けられています。

キャンピングカーの場合、ガソリン車が明確に良いと言えるのは、停車時のアイドリング利用が必ずあるからです。電子レンジを使うときなど、大きな電力を使用するときは、エンジンをかけて使用するときもあります。また、車である以上、アイドリングで使用するときもちょこちょこ出てきます。そんな時、時間や環境を選ばないガソリン車の方がキャンピングカーには相性が良いということです。

ディーゼルの場合、どうしても時間や場所を気兼ねする場合が出てくるからです。静かになったといっても、それと同等にガソリンは静かになっています。走るときのトルク、つまり、中間加速や、発進の時のスムーズさは、ダントツにディーゼルが良いと思います。ゆえに、足回りを固めたくなったり、高速巡航をおこないたくなり、事故も起きやすくなります。当然車重も重くなりますから、雪でのブレーキも不利になります。同タイプの車両であれば、タイヤに負荷がかかり、バーストやハブボルト折れにも遭遇しやすくなる。そういった意味でも、我々が買取をしたときも、スピードがでない、ガソリンの方が、逆に安心感があるということです。これが様々な車に乗る、買取屋ならではの意見です。

キャンピングカーだから、ガソリンが良いというのは、こういった意味です。

 メンテナンスの面でも


メンテナンスの面でもガソリンが有利になります。おいおい、嘘いうなよ、プロの方はそういうと思います。しかし、それなりのプロであれば、同じようにガソリン車をすすめると思います。ガソリンはオクタン価、ディーゼルエンジンの軽油は、セタン価という着火性能を表す数値があります。驚くでしょうが、着火性はガソリンより軽油のほうが高いのです。引火と着火の特性の違いが分かりにくいと思いますが、着火させる構造からディーゼルエンジンは頑丈なつくりにしなければなりません。

確かにディーゼルは耐久性があります。しかし、それはいっきに年間10万キロ以上乗り、5年償却で、50万キロ乗る、プロの世界のことです。しかし、一般の使用法では、いざ壊れると、ディーゼルの方が構造特性から非常に費用がかかるのです。また、10年後20年後に、ガソリンの方がメンテナンスが楽なのです。代表的な例がウェストファリアです。もしこれがディーゼルであれば、ここまでのプレミアはつかないでしょう。30年経過してもガソリン車はメンテナンスが楽なのです。

ですから、プロであれば、知ることですが、輸出車両は圧倒的にガソリンが有利になります。無論、ディーゼルが有利な車種もあります、発展途上国などは、特にガソリンの方が部品も入りやすく技術力がなくても直しやすい、そういったことからもガソリンが根強い人気を持っているのです。


     キャンピングカー 買取


我々買取屋も、ガソリンエンジンは買取後にトラブルは少ないのですが、ディーゼルは、インジェクションといい、燃料を噴射する部分の目詰まりから、高額な修理に発展するケースも決して珍しくありません。

特に外車は、こういったことになりやすいのです。ですから、外車の場合、距離を乗っていた車の方が、買取後のトラブルは少ないという面白い現象が起きます。乗っていない、低走行の車こそ、燃料系の目詰まりなど、トラブルが起きやすい面白い現象になります。

低走行の車を高く買わなければならないのですが、距離をドーンと走った車の方が故障が少ないといった面白い現象に我々は向き合うことになるのです。ですから、結構買取業界は、外車、距離を乗っていない、ほぼ新車、だから高く買取した、そして結末は大損といったことにもなる、とても難しいことと向き合う商売なのです。そういった仕事が買取屋なのです。

おそらくこれを読まれている、外車、ディーゼル、オーナーは、うんうんと、うなずかれていることと思います。燃焼系の警告ランプがつきまくってなかなか消えない、結構体験することだからです。ドバーッと、高速走行をするとよいのですが、100キロが上限の日本では、なかなかドバーっとではないからです。

ヨーロッパのディーゼル車は、高速を思いっきり連続走行し、キャンプ場に行き利用することが似合う、アメ車はゆったりと重い車でのんびり走りキャンプ場へ向かう、両車は、使い方に違いがあるのです。それがアメ車はガソリン、ヨーロッパはディーゼルという住み分けになると思います。
  

 ここは道の駅の日本


なら、ここは日本です。ですから日本にあったキャンピングカーが必要です。別に泊まるわけでなくても、道の駅は頻繁に利用します、別に泊まるわけでなくても、仮眠でSAも利用するでしょう。そんな時、ガソリン車は、気兼ねなく停めることができやすいということです。また旅先での故障もガソリン車の方が安心感もあると思います。

この記事を読んで、私の利用は違う、俺の利用の仕方は違う、そういった方はディーゼルになさればよいと思います。普段は乗らない、でもいざ出発するときは、いっきにロングドライブ、インジェクションのカーボンは吹き飛ばし、エンジン内部はベストコンディションにできる、旅先では、エンジンをかけて利用するようなことはせず、外部電源で安定した電源を確保する、そういった方は、間違いなくディーゼルの方が、良いでしょう。

上記のような利用をして、尚且つ、リセールバリューも考えるならディーゼルが良いでしょう。また、雪国などで4輪駆動方式を選択するならディーゼルの方が相性が良い車種もあります。しかし、それを言い出せば、キリがありません。

ですから、買取屋は、ガソリン車をはっきりお勧めしておきます。十分走ります。ここは狭い国、しかし旅先で故障すると意外に広大な国になり、他人のマナーにはとてもうるさい日本なのですから。  



 キャンパーハウス 



  高額査定 高価





キャンパーハウス

 キャンピングカー 買取 査定

    
 キャンピングカー 買取

 キャンピングカー 買取 査定
 公安委員会

  中古自動車査定業務実施店

   著作権について

キャンピングカー買取

四国へ行こう


   東京モーターショー

   キャンピングカー買取
     SSL証明書