本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買取、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

キャンパーハウス 050−5309−2006
年中無休 info@camperhouse.net   

 キャンパーハウス  買取屋は見た!


 FFヒーターは後からつけるな


FFヒーターは後からつけるな。こういったタイトルに驚かれると思います。なぜなら、キャンピングカーで一番取り付けたい装備品は何かといえば、「NO1」がFFヒーターだからです。そんな人気商品をつけるなという、キャンパーハウス、いい加減にしろ、と言われますね。でも言っておきます。FFヒーターは後からつけるなと。

まず、つけることを全否定しているわけではありません。ただ、つけたいなら最初にメーカー装備としてつけておいてほしいというお願いです。では、なぜ後からキャンピングカーにFFヒーターを後付け装着することをやめたほうがいいというのか、その理由を順次お話しいたしましょう。

ベバストヒーター
実は、FFヒーターは便利なもの、しかし、危険なものだからです。その安全の保障が、後からつけた場合、担保されない、されにくいということです。より詳しく解説をしていきます。

FFヒーターは、軽油、ガソリン、両方のタイプの機種に分かれています。そして燃料タンクから、ゴム系の配管で引き回しをおこなって室内に設置したFFヒーターを燃焼させます。ですから、車両本体の燃料タンクに穴をあけて、そこからヒーター本体まで接続工事を行うのです。

最初につければ、メーカーがキャンピングカーを作る時につけてくれます。後からつけるな、最初ならいい、なら最初につけると、どんな良いことがあるのかといえば、FFヒーターの設置を最優先に、室内にヒーターの取り付け場所を陣取りし、取り付けがなされるからです。そういった優先的な陣取りがなぜ必要かといえば、まずヒーターは、熱を持つものであること、酸素の取入れが必要なこと、燃焼したガスを排気すること、また室内の冷えた空気の取入れ口が必要なこと、そして温めた空気の吹き出し口も必要です。さまざまなことを考慮して、FFヒーターの設置と、それに絡む、配管を取り付けて行く必要があるからです。FFヒーターを最優先に設置して、その後、バッテリーやインバーター、様々な機器類が設置されていくのです。内部で燃えて本体が熱を持つものだからです。それぞれの機器との相性があるからです。

しかし、後付けの場合、いったんメーカーがキャンピングカーを世の中に出し、その後に取り付けが行われるわけですから、残ったスペースを利用して、なんとかつける、そういった感じになるのです。そういった、なんとかつけるという施工が、熱の問題、排気の問題、空気の取入れ口の問題、吹き出し口の問題、引き回しの燃料系統、さまざまなことに無理をする場合があるのです。

買取をさせていただいた車両は、すべて当店ではFFヒーターの安全点検をしております。すると、「無理してつけたな」、という車両は決して少なくありません。燃焼させるための空気は車外から引き込んでいます。ですから一酸化炭素中毒になるようなことが起きないように考えられています。無論、その取り入れ口も雪などでふさがれると作動は停止してしまいます。一応、さまざまな安全機構が働くので、異常なまま燃焼が行われることはまずありませんが、無理な取り付けをすることで、間違いなく、効率の良い燃焼は行われなくなるのです。またオーバーヒートしやすくなり、FFヒーターの安全機構が働き、動かなくなる場合も出てきます。


         FFヒーター 構造図


図をご覧いただくと、ヒーターそのものを燃焼させるための酸素は、車外、車体下から取り入れます。ただ、燃焼した熱を車内に循環させるためには、車内の空気を本体に取り込んで、暖かい空気を排出し循環させます。この時、新車から、つけてあるFFヒーターは、室内の最も冷える場所、冷たい空気があるであろう場所から、空気を取り入れるように研究されています。そして、人が冷えて困るであろう場所へ空気を吐き出すように吹き出し口の配管をしてあるのです。

 燃料タンクからFFヒーターは燃料をとっている


それが、後付けの場合、FFヒーターが燃焼して、熱くなった本体の熱を、効率よく、必要とする場所に流れていかない、流していない設置が多いのです。つまり、室内に温度のむらができてしまうのです。例えば、FFヒーターから暖かい空気を吹き出し口から吹き出したとします。その吹き出した暖かい空気を、室内全体にいきわたらせる前に、すぐにまた取り入れてしまって温めてしまう、ショートサーキットという現象が起きているケースがあるのです。代表的な例は、ステップなどにつける例です。扉を閉めてしまい、その上にシートを倒して寝ていると、そのステップの空間だけに空気が循環し、その狭い空間だけで空気が循環し、上部に暖かい空気がこないという現象が起きてしまうのです。

機械本体が、暖かい空気を排出し、すぐにその暖かい空気をまた本体に取り入れることで、もう室内全体が温まっていると勘違いをして作動を停止してしまいます。また、それを防ぐために温度センサーを別のところにつければ、それなりには頑張りますが、それはそれで、その狭い空間だけが異常に熱くなるでしょう。これをショートサーキット現象といいます。

また、よくあるのは、温風の吹き出し口が、冷蔵庫に向かって吹き出していたりするケースもよくある話です。また、寝ているときに作動すると、それなりに作動音がしますが、つける位置によっては、その近くが睡眠時にうるさい場所にもなりかねません。以上のようなことが後付けの場合、起きやすいのです。でもまあ、これは、新車段階で取り付けてある場合でも、メーカーによって、このセンスには大きな差異があります。考えている会社と考えていない会社が極端にあるからです。

ですから、実は、後からつけるなという一番大きな理由はこれからお伝えすることです。

 キャンピングカーの製造メーカーでお願いすること


当店は、Certificate(証明書)つまりベバストの正規の取り付け研修を受け、実地研修と理論テストも合格しています。テストはそれなりのもので全員が受かるものではありません。合格した証明書がなければ、すべてのパーツを取り寄せることができませんし、分解もしてはいけません。しかし、ネットでは、結構自分で取り付けたり、分解されている車両が多いのも現実です。

前述したように、FFヒーターは燃料タンクに穴をあけ、燃料ポンプでヒーターまでガソリンや軽油を供給しています。その供給部分の配管に、適当な車両を見たことが、当店がきちんと「Certificate証明」を持とうと思った、きっかけなのです。買取した車両がでたらめな配管工事をしてあったからです。

FFヒーターは、ガソリンタンクや軽油タンクに穴をあけて、燃料を車体下でホースで引き回すのですが、その燃料パイプが、高温になるマフラーの下になんの対策もせず通してあったり、高温になるミッションの近くを工夫もせず通っている車両をそれなりの数を見たからなのです。それがきちんと研修を受けておこうと思ったきっかけです。命にかかわることだからです。どうしても後付けの場合、まず室内に取り付ける場所、取り付けることができる場所を決めて、燃料タンクからの引き込みを何とか持っていくという流れになります。無理な配管経路をたどる場合も出てきます。またどうしても完成車体になんとか組付ける行為が無理な取り付けになりやすくなります。

かと言って、新車時装着のFFヒーターの燃料配管が外れてガソリンが漏れる事故で、大手のキャンピングカーメーカーが謝罪すらなかった、後付けならまだしも、新車装着時の車両であっても、こういった話をお聞きするのは、買取の時、実は一度や二度ではありません。FFヒーターはそういった危険をはらんだものでもあるのです。

ですから、資格を持っていても、当店では後付け施工をしようとはいっさい思っていません。買取してオークションに出したり、オークションで落札する前にヒーターの配管がきちんと行われている車両であるかどうかを検査するため、オーバーホールのためだけに資格を所有している、Certificate 資格所有、ベバスト取付認定事業者としてはとても珍しいケースでしょう。当店はですから、部品も入りますし、取り付けもできます。でも新規の取り付けは、今後も、基本はいっさいやらないでしょう。本来は取り付けの責任が取り付け者に永久的に出てくるからです。取り付けた車両が中古車になり、海外に輸出されたり、その責務は本来は大きなものと考えているからです。

下記にあるように国土交通省の自動車火災件数は、毎年発表されますが、事故による発火を除いても毎年1200件程度起きています。後付け部品による火災がそれなりの数、起きています。車両の火災保険に入っているからいいよ、という問題ではありません。2018年 愛知県の高速道路上でキャンピングカーが全焼しましたが、それも氷山の一角です。

国土交通省 年間自動車火災件数  27年度


自動車メーカーでも燃料漏れのリコールは常時出ています。取り付けや部品の欠損でそれなり数、燃料漏れのリコールは出てきます。しかし、こういったFFヒーターのリコールは今後も出てこないでしょう。取り付け者に全責任が出てくるからです。ですから、後付けの場合、取り付け者を慎重に選ぶことです。


燃料配管の漏れはトヨタでもBMWでも起きています   https://toyota.jp/recall/2015/1021_2.html
BMWリコール        http://bmw-japan.jp/after-service/recall_landing.html


  ベバスト  エバスペッヒャー  FFヒーター


現在、ベバスト社 と エバスペッヒャー社  は研修を修了した会社しか取り付けはいっさいおこなわさせていません。しかし現実は違います。会社の中の一人が研修をして資格を取り、その後はそれをもって、その会社が取引をおこなう。そしてその研修を受けた社員が会社を辞めても、継続して取り付けをおこなう会社が全国にいくつかはあります。

車体の安全性と同じく、FFヒーターは燃料の引き回しを間違えば、車両火災を引き起こします。キャンピングカーは車体下部をベース車両とは違う場所にいろいろ移しているケースがあります。実は、車体下部は、メーカーが何万キロも実走行をしたうえで取り付け位置を決めています。フロントのタイヤで高速道路に落下する板バネや鉄板を跳ね上げても、燃料タンクに突き刺さることがないようにし、燃料系の配管もそういった高度な計算で配管されています。しかし、キャンピングカーは全く違います。ここならいいかな、ここなら配管のホース足りるよね、この位置なら取り付けが楽だよね、ここに発電機をつけるから、汚水タンクをここに移動しました、そういった車両が実に多いのです。一昨年も大型キャンピングカーが高速道路で火災が起き、ご家族が亡くなられました。我々はご冥福を祈るだけでなく、そういった事故が二度と起きないようにする責務があります。後からFFヒーターをつけることでこういった責任をだれがとるか曖昧になることも理由です。



      FFヒーター

キャンピングカーではなく、トランスポーターといわれる簡単なキャンパーのお店、オグショー社があります。オグショー社のように、きちんとガソリンや軽油タンクを面倒であっても車両から一度おろして丁寧に施工を行っているお店もあります。我々がオグショー社の車を買取すれば、下から潜ればそういった安全姿勢がわかるからです。

また、上記の写真ように新車装着のFFヒーターであっても、芸術的な施工がされているケースもあります。それこそオーバーホールで指や手が傷だらけになるほど、狭い場所に無理やり押し込まれている車もあります。前述の会社は倒産しています。かといえばキャンピングカー広島のように、のちのメンテナンスを考えて余裕を持った配置をされている会社もあります。また、バンテック社は、メンテナンスがしやすいように配置してあるだけでなく、危険な電気系やバッテリーなどからは距離を離し、熱と影響のない給水タンクと隣接させるような工夫もされ、燃料配管も燃料タンクから最短距離で施工がされている優れた会社もあります。しかしそれはごくごく一部です。まだまだ安全配慮の差異がとても大きい業界なのです。


 締め付けすぎが漏れを起こす



逆にキャンピングカーの専門店で、ガソリンや軽油タンクにいとも簡単に穴をあけ、鉄粉やグリスをそのままタンク内に入れてヒーターをとりつけてある車両は決して少なくありません。当然燃料配管の経路は、各自の気まぐれでつけ、締め付けのトルクも「感」でおこなわれています。ですから、何度も言いますが、名の通った会社の車両を買ってほしいのです。

その他にも燃料配管の接続は、繊細な締め付けトルクが要求されるのがFFヒーターなのです。燃料配管のゴム類はしっかり強く締め付けることが、逆に災いして燃料漏れを起こしやすくなるからです。ゴムを生かして締め付ける規定のトルク、力が決められているのです。

          

FFヒーターはきちんと施工さえすればけっして悪いものではありません。誤解はしないようにしてください。ただ闇雲につけたFFヒーターはとても危険であるということです。ベバスト社エバスペッヒャー社  現在ではこの二つのFFヒーターが主流ですが、必ずつける際は、そのキャンピングカーを作ったメーカーに取り付けをしてもらうということです。

キャンピングカーの製造メーカーは、それぞれの支店で、一から車体を組付けることができるメンテナンスの担当者がおられます。どこに補強があり、どこにビスを打ち込んだらよいか、だめなのか、すべてを知りえたうえで、FFヒーターを取り付けてくれます。また、下取りや転売をする場合も、メーカーの装着装備として売却もできるでしょう。

特に、中古で買った場合は、そういった依頼をすることで、メーカーさんとご縁もできると思います。当然直営店で取り付けることで費用は高くなると思いますが、ついでに他のところに不具合がないか見てくれるはずです。少しぐらい値段が高くても、大きな価値、繋がりになると思います。

こういったことは、発電機の取り付けにも同じようなことが言えます。ぜひメーカーさんとご縁を作るとよいと思います。また、倒産した会社は、どうしたらよいのかと思われるでしょうが、多くの場合、メンテナンスを引き継いでいる会社がありますので、探してみるとよいと思います。


 夏こそ使うことで寿命が延びる


余談ですがベバストヒーターやエバスペッヒャーのヒーターは、毎月必ず二回は、作動させてください。夏でも最低20分は動かすことです。そうすることで、ススがたまることもなく燃料系の配管に不良な燃料がたまったりエアーがかむことも少なくなり故障もずいぶん少なくなります。燃料は動かないと様々なトラブルを配管系統に引き起こします。また一年に一度は、燃料のフィルターを交換してもらってください。本来は1年に一度、燃料フィルターを交換するのが基本です。買取をおこなうとそのほとんどが交換歴はまずないです。またひどいものはフィルターが逆向きについていた車両も何台もみてきました。そういった意味でも製造メーカーで点検を受け、ヒーターなどのフィルターもきちんとみてもらうこと、また交換してもらうことです。わずか1000円の部品代ですから。燃料フィルターを交換しておけば、本体の寿命は大幅に伸びます。機械とはそういうものです。しかし、買取をすると、夏に作動させることを新車販売時にほとんどの方が聞いていないといわれます。大変残念なことです。




          FFヒーター オーバーホール




 燃料フィルターを一年に一回交換せよ



軽油 ガソリン
着火点 300〜400度 400〜500度
引火点 45〜80度 -35〜46度
軽油の特性  ガソリンの特性

軽油とガソリンの違いは、着火点と引火点の違いがあります。着火は、燃料自身が発火することを言います。ある一定の温度になると、燃料が、自然に火がつきます。軽油は300〜400度になると自然発火しますが、ガソリンは400〜500度になると自然発火します。実は軽油の方が自然発火しやすい性質があるのです。

ただし、ガソリンより着火しやすいといっても、その温度は300度以上です。が、マフラーやミッションなどの近くはかなりの高温になります。また、他の火種から火が付くことを引火といいますが、ガソリンはごく普通の生活環境の温度で火がついてしまいます。ゆえにストーブなどに灯油を使ってもガソリンは使用しないのです。FFヒーターの場合は、構造上、室内での引火は起こしにくい構造になっています。ただし、車体下は、定期的に配管経路を取り付けてもらった会社に定期的に点検をしてもらうことです。そのためにも、一年に一度、燃料フィルターを交換することです。燃料フィルターを交換時に車体下を点検してもらうことです。そうすれば、配管経路の漏れも確認できるからです。

また、中古車などで購入される場合は、大手キャンピングカーの専門店で購入される場合は、取り付けを依頼されることは、よいこと、安心だと思います。彼らは、下手な製造メーカーより、圧倒的に多くの取り付け、メンテナンスを行っているからです。中古車として、FFヒーター付き車両を購入される場合、オーバーホール、燃料フィルターなどはすべて交換をしてもらい購入されるように条件提示をして購入されてください。

中古車として走るキャンピングカーが、メンテナンスやオーバーホールされていない車、燃料フィルターが交換されていないキャンピングカーがなくなることはこれからもないでしょう。日本の多くのキャンピングカーは、メンテナンスの資格を持たない、ごくごく普通の中古車店で売られているのですから。

微力ですが、当店で買取した車両は、しっかり点検して再販、流通させたいと考えています。


*トヨタ自動車、 キャンピングカー系 燃料リコール
https://toyota.jp/recall/2015/1021_2.html

燃料配管の漏れはトヨタでもBMWでも起きています  https://toyota.jp/recall/2015/1021_2.html
BMWリコール       http://bmw-japan.jp/after-service/recall_landing.html



 












キャンパーハウス

 キャンピングカー 買取 査定

    
 キャンピングカー 買取

 キャンピングカー 買取 査定
 公安委員会

  中古自動車査定業務実施店

   著作権について

キャンピングカー買取

四国へ行こう


   東京モーターショー

   キャンピングカー買取
     SSL証明書