本文へスキップ

キャンピングカー買取専門店 キャンパーハウス 名古屋、横浜を拠点に、全国どこでも無料出張査定

キャンピングカー買取専門店 
名古屋 横浜
買取

キャンピングカーの冷蔵庫


       キャンピングカー 冷蔵庫


我々キャンピングカーの買取店は、冷蔵庫をみると、冷蔵庫だけでなく、室内の清潔度がすべてわかります。特にゴムパッキンの部分をみれば、カビが発生していたり、傷んでいたり、そういったことがない車両は、車全体のクオリティーも高いものだからです。冷蔵庫は、ある意味、内装全体を見るときのバロメーターでもあります。

上の写真は、キャンピングカーの代表的メーカー、エンゲルの冷蔵庫です。
http://www.sawafuji.co.jp/ エンゲルの冷蔵庫はパイオニアですが、昨今はFFヒーターのべバスト製の冷蔵庫も人気です。

なぜ、冷蔵庫が室内のクオリティーに影響を及ぼすのか、それはキャンピングカーの冷蔵庫は、一般の家庭用冷蔵庫と違い、非常に厄介なものだからです。それは、電源を「オン」と「オフ」を繰り返すからです。家の冷蔵庫は、ずっと電源をオンで利用しています。ですから、常に冷蔵状態です。ですから開け閉めの際の結露はおきますが、基本、おおきな問題はありません。

しかし、キャンピングカーの冷蔵庫は、オンとオフを繰り返すために、どうしても駐車場に入ってから、内部で大量の結露が始まります。ましてや土足で室内に入る車もあれば、たとえ土足厳禁であったとしても、走行中の埃や花粉などが、家とは違い車内にはたくさん侵入しています。キャンピングから帰って疲れた状態で、掃除することはないですからね。

結露することを知っていて、庫内を開けて乾燥させたいと思っても、雑菌が侵入します、また、閉めっぱなしは結露する。とても難しい環境に冷蔵庫はおかれています。キャンプにいこうと思い、食品を入れる冷蔵庫が、カビや雑菌でいっぱいなんていうのはとても嫌なものでしょう。そういったことを少しでも改善できるように、扉を閉めた状態でも通気ができるものも一部にはありますが、限られます。

そういったこともあり、キャンピングメーカーでも、上開きタイプの装着が増えてきているようです。家の駐車場に置いている時も、蓋を開けて乾燥ができる、床の雑菌も高い位置ゆえにいくぶんでも入りにくい、上開きは方式的にも冷凍ができる機種が多いのも利点です。

古いキャンピングカーにお乗りの方も、入替え方法を以前はこのページで紹介をしていましたが、入替えよりも、下記のような小型で高性能なものがどんどん生まれています。



サブバッテリーのページでもお伝えしましたが、当店の代表は、四国の神社やお寺参りが趣味、下手をすれば一カ月近く、車とホテルで長期にわたり、四国に入り浸っている時があります。そんな代表の車は、ついにサブバッテリーいらないよって、言って、携帯用のリチウムバッテリーにしてしまいました。40年前に名古屋陸運局で個人で初めて8ナンバーを取得し、以来、大型キャンピングカーを何台も乗ってきた、キャンピングカーの超先駆者が、携帯用のリチウムバッテリーに心酔しています。とお伝えしました。

当店の代表は、趣味として過酷な山道が多い四国に行くので、ここ最近は、大型キャンピングカーではなく、ハイエースの標準ボディーを使用することが多くなりました。ですから冷蔵庫も、上記のマキタのものを使用しています。しかし最近は、冷蔵庫もいらないよねって言っています。昔と違い、どこにでもコンビ二があるし、自販機もある。発泡スチロールに保冷剤やコンビニで氷を買っても十分だし、冷蔵庫も、帰るときに、魚や冷凍もののお土産を買う時だけに使うんだ。そう言います。

上記のような、動かせる冷蔵庫は、車内でも、家庭内でも、屋外でも使用できます。常に使うことで、逆に清潔に使うことができるでしょう。

たまにしか使わないことで起きる、不衛生になりがちな固定式のキャンピングカーの冷蔵庫の欠点も補えると思います。2021年、サブバッテリーと同じように冷蔵庫もどんどん進化、小型、高性能化していきます。

ところが先月、ついに上記のバッテリー式冷蔵庫を忘れて、四国に行ったので、心配していたところ、




こっちの方が、生魚も買ってこれるし、コンビニで氷を買い続ければいいし、椅子がわりにもなる、就寝時、冷蔵庫の作動音も聞こえないし、スイッチの切り忘れもない、こっちの方がいい。そう言っておりました。

保温材の性能や気密性能も大幅に向上した現在、サブバッテリー、リチウムバッテリーと同様、時代の流れはすごいと思います。クーラーボックスがコンビニで買った氷が3日目まで軽くもつ時代がきたようです。米国製の熊が乗っても壊れないクーラーボックスなら一週間氷が持つものもあるようです。

バッテリーの負荷もなければ、静かな就寝環境も得られる。キャンピングカーの標準装備が、いつか、冷蔵庫からクーラーボックスになる時代が確実に来ることになると思います。






キャンピングカー買取専門店

キャンパーハウス



キャンパーハウス

 キャンパーハウス