本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買取、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

キャンパーハウス 050−5309−2006
年中無休 info@camperhouse.net   

中古キャンピングカーを高く売るコツとは


キャンピングカーを少しでも高く売るコツとは


新しいキャンピングカーを購入する際、また長年乗ってきたが乗らなくなったので、キャンピングカーを売却したい、売りたい理由は様々です。でも必ず共通しているのは少しでも高く売りたいということでしょう。


   キャンピングカー 買取

高額で売却、トラブルなく買取してもらうコツは


まず、ズバリ駆け引きはしないことです。一斉に声をかけて見積もってもらって一番高いところを選べばよい、それだけです。しかし、買取店をしていると感じるのは、駆け引きをされる方が多いことです。どんな駆け引きかといえば、「売るか売らないかまだ迷っている」とか、「だいぶ先の話だけど」とか、「値段だけ聞きたい」とか、という控えめな聞き方です。

ある意味、駆け引きというより、多くの方が途中で断ったら迷惑をかけるからと思い、「迷っている」とか、「値段だけ」といわれているのだと思います。しかし、そういう状況で条件を聞きまわっていると結局安い条件しか出されなくなり、高く売ることができなくなります。

専門業者は、日々見積依頼が来ますので、真剣勝負のお客様に真剣勝負の値段を出してきます。ですから、「迷っている状態」や「迷っているふりをなされている場合」、業者は自然と避けていきます。ですから、高額で売りたいのであれば、ズバリ勝負をされるとよいのです。

民法上は、口頭でも契約が成立します。が、そこまで法律を立てにする業界ではありませんし、業者側も現車を見るまでは不安があるのです。ですから契約するまでは、お互いいつやめても大丈夫な世界なのです。ですから、「売りたいのであれば、売りたいという意思」で依頼をかけることです。中途半端に値段が聞きたいだけだと、買取金額を聞いても結局高額な条件は引き出せません。買い取る側も勝負してこないからです。

嘘も損


嘘も損をなされます。よくあるのは、どこどこで、350万で買い取ってくれるといわれたけど、、、。どうぞそちらで売られてください。そういう話になるケースも多々あります。キャンピングカーには相場があります。ですからそれを大きく逸脱する金額であれば、嘘とわかってしまいます。嘘とわかったり、疑ってくると、買取側も、お話の全てを信用しなくなり、買取金額を頑張ろうという意欲自体が消えてしまいます。

車検証は準備しましょう


よくあるのが、年式や距離も言えない、わからないけど、大体いくらぐらいですか? こんな質問にまともに答える業者があったら正直怖い買取ですね。年式や距離、程度で大きく金額は変わりますし、型式でまったく相場は違ってきます。最低限車検証は準備すべきです。

ならその勝負の方法は 業者選びは

  1. 現金で、その場で支払えるお店に売ること。車を持って行ってから、のちの2重査定がすくないと思います。一度現金で支払ったものを取り返すのは、買取業者も、よほどでないと難しいからです。ただし、事故車、冠水車、距離戻し車、修理歴を隠した場合は現金買取でも、トラブルが起きますので、嘘は言わないことです。
  2. 査定協会の査定士技能検定資格を所有したものが査定すること。単純に事故車、距離戻しと、単純な判断はしないからです。 
  3. 出張で買取に来る場合、公安委員会の古物商外商許可があること  
  4. 最低でも3社に見積もりの依頼を出すこと  (5社以上に出すと、逆にわけが分からなくなる)
  5. 車検証や写真、壊れている場所も正直に明記すること  車検証を送る、もしくは読み上げるなどして、型式をきちんと伝えることがトラブル防止 型式一つで条件が大きく変わります。
  6. 名義変更をきちんとすること
上記がだいたいのポイントです。10年乗っているがどこも悪いところ、傷がないとか、また車の状態を隠す人がいますが、買取店はそれらを不安視して逆に好条件はだしません。逆にここが壊れている、ここは傷がある、汚れている、そういった真っ向勝負の方が良い条件が引き出せます。最後は人と人の信頼関係です。


現車査定での準備、コツは

  1. キャンピングカーに必要のない装備品は降ろしておくこと
  2. 見せる場合は、掃除、洗車はきちんとしておくこと

キャンピングカーの専門店が有利なのは


中古車業者もそれなりに手を出しますが、程度が良いと思って買取りや下取りをしたキャンピングカーが入庫し、突然雨漏れしたり、室内装備の故障で、痛い目にあっているケースも多いのです。ですからキャンピングカーは儲かるからと言って最初は一般中古車業者も買取に手を出すのですが、懲りて手を出さなくなっております。ですから、一般の買取店ではのちのトラブルを恐れて査定は極端に安くなってしまうことがある、そういった理由です。ですから、初めて買い取るお店は意外に高額になります。(笑)

製造メーカーの中古車部門はなぜ


よく言われるのが、製造メーカーの中古車部門は値段をつけてくれなかったということです。それは、つけれないのです。高く買い取れば、買い替えで新車は売れます。しかし、今度はその車に高い利潤を求めた値段設定にすれば、新車は売れても、その車は売れ残ってしまいます。値段差がなくなるからです。なら、今度は安く買えば評判が落ちるし、新車が売れない、だから意外に外部に流すのです。トヨタ自動車やヤナセのような大きな会社であっても、新車と中古車部門の併用販売が両立できるようになるには長い年月がかかっています。実はなかなか難しいのです。

また、もう一つは買取相場は我々が決めています。彼らにはその主導権はありません。新車の販売価格を彼らが決めても中古車の価格は別物なのです。また売り価格、中古車販売価格は、バイヤー、つまり中古車店が設定します。だから人気のない製造メーカーは中古車の買い取り部門を持つことは逆にリスクを持つことになります。わかりやすく言えば、今現在の三菱の中古車専門店を開業すると、経営はなかなか難しい、そういったことです。



キャンピングカーのメンテナンスや修理がきちんと行える店に売ること


メンテナンスに自信がなければ、自信がない部分をどうしても多めに割り引いて査定するしかなくなってしまいます。ですから当然その分、査定金額は低くなってしまいます。買い取ってから、後部のキャンピング部分の修理金額の予想ができないお店には売らないことですね。冷蔵庫のおおきな音が、異常音なのか、正常音なのか、メーカーの特性か、故障なら枠を削ってどこのメーカーを入れるのか、キャンピングカーはめんどくさい車種なのです。それが瞬時に理解できるお店であることが買取店のノウハウです。


委託販売を「いの一番」にすすめないお店に売ること


現金で支払う資金力がない会社の場合、高く売れますよ、といって委託販売をいの一番にすすめて来るケースが多いですね。委託販売はお客様にとって高く売れると、錯覚を起こさせることができます。また業者にとっては資金を必要とせず、利益を出せる商売ができます。しかし、現実は委託販売はまずうまくいきません。いくはずがありません。希望価格は売り手の勝手な価格であり、購入者と折り合わないからです。また、展示中の傷みや税金、車内を見学する人が悪気がなく壊すケースも出てきます。子供が、、 そういったときだれが責任を持つのかトラブルケースをよくお聞きします。ですから委託販売はデメリットだけでありませんが、一番にすすめるお店は注意してください。委託販売はキャンピングカーだけでなく、大手の中古車でも行われていますが、とても気持ちよく預かってくれ、売り始めてくれるのですが、売れなくなった時に、高額をあきらめた気持ちをうまく利用して低めの買取金額で納得するのを狙ってくる会社もあります。


 トラブルなく 高く売るコツ


3日後、5日後に車両代金を支払うお店は注意が必要です。引き取ってから正式な査定を行うお店だからです。たとえ契約を交わしていても壊れていた場所や車体の下からフレームを見ないとわからない事故部分もあるからです。事故車の見極めができないお店によくあるケースです。その場ではびっくりするほど高額で契約し、車両を引き取り、その後、下回りをうっている、設備が壊れていたといって減額交渉、返品をするケースです。ですから支払いは現金ですか、後から振り込みですか。これを聞くのは本当の高価買取の鉄則です。会社に車をもって帰ってから正式な査定をするケースは注意が必要です。査定をしてもらうときは、査定士の資格を持っていますか? そう聞かれてもよいでしょう。査定士は査定士の身分証明をもっています。書類も渡し、車も渡し、後から減額を言われるケースはよくお聞きします。査定ができない担当に、とにかく高い値段で車を持ってこさせ、後で減額させるスーパーテクニックです。

査定士技能検定の証明を出してもらうことが大切です。契約書には、小さな字で買取後、事故車の場合は、契約は破棄と書いてありますから。その場で見抜ける人と、その場で交渉することが大切です。


        キャンピングカー 買取り     キャンピングカー 買取査定

まず、査定士であれば、査定証の提出は拒むことができません。店舗自体が中古自動車の査定業務実施店なのか、また買取に来た人間が、査定技能検定の有資格者であるか、確認することで、ずいぶんトラブルは防ぐことができると思います。査定士の資格を所有していなくても、自動車の買取は、古物商があれば可能です。また出張買取は古物商外商許可が必要です。ただし、査定協会、査定には準じていないということを理解しておいてください。特にコースター、大型車両は、大型査定士資格が必要になってきます。




 高く売るには 時間を惜しまない


キャンピングカーに必要のない搭載品は降ろしておくこと


オークションに出品されてくるキャンピングカーをみると、寝袋や中には布団まで積んでいるケースがあります。実際そのようなものは、査定のプラスにはいっさいなりません。査定のプラスどころか、大きくマイナスイメージになってしまいます。ですから不必要なものは降ろしておくこと。それが鉄則です。


掃除、洗車はしておくこと ステッカーは張らない

キャンピングカー高価買取
ワックスやコーティングまでしろとは言いません。でも、最低限洗っておくことですね。このオーナーは大切にしていたな、そう思うからです。送られてきた写真も同じですね。泥だらけで昨日キャンプに行ったんだよと言われても、査定には一切プラスにはなりません。綺麗な車は、傷が目立ちます。だから正当な査定金額が出せるのです。逆に傷があることを汚れたままで隠そうとするテクニックを使う人、プロの世界でも勘違いした業者にはたくさんいます。実は逆効果なのです。あ〜ごまかしているんだろうなと、そこで大きく心理的にマイナスイメージになるのです。オークションの業界で成功しているお店とそこそこのお店の差は、最後は清掃なのです。高く売るポイントは、時間は惜しまないことです。そして多いのが、ステッカーが貼ってあること。傷があるから貼ってある、そういった見られ方をされます。当店もそう判断します。ただし、既に張ってある場合、素人の方が無理してはがさないようにしてください。塗装が簡単にはがれます。

事故歴や故障、欠品は聞かれる前にすべて伝えること


これも、汚れと同じですね。全部正直に言っていただけると仕入れてからの修理代金や利益がしっかり見えてきます。ですから正直ものが損をする。そんなことわざが通用しないのが、キャンピングカーです。正直な人が得をするようになっています。高く売るには正直に伝えること、これがポイントですね。


売却をする気持ちになってから買取査定はしてもらうこと


実は査定を行う業界では値段は言ったらおしまい。だめ。これが鉄則なのです。最初に査定を出したら、次のお店にいかれて、あそこのお店で500万だった、あそこのお店で510万だったそういわれしまうからです。ですから、業者は、今売るんだったら、今日売っていただけるのなら、そういった話術を使うようにマニュアルで決められています。ですから、売却する気持ちが薄い段階で、まずは大まかな金額を聞きまわっていると、高額な買取金額はなかなか出せないのが現実ですね。ホームページや電話、ここの会社なら、お店なら高く買ってくれそうかな、お金の支払いは大丈夫かな、電話で話せばだいたいはわかりますよね。売るときはいっきに勝負してください。そのほうが少しでも高くなると思います。最後は人間と人間の信頼関係です。




 37年間 個人売買の成功例は少ない


個人売買は高く売れるが

個人売買は高く売れます。37年間キャンピングカーの先駆者としてキャンピングカーに乗っていると、間違いなくそう思います。ただ、比例してトラブルが多いです。友人関係にひびが入るケースも出てきます。事故車だったり、装備品が壊れたり、仲間同士の売買は、買って後悔した、こっちは安く売ったつもりでも、裏では付き合いで高くかわされたといわれていたり、自分はよくても相手が騙されたといっていたり、もっと高く売りたかったが値切られたなど、人間関係はお金が絡むと難しいものです。なら掲示板などを通じてキャンピングカーの売買ならまだいいですが、買い手のほとんどは、個人のふりをした業者さんが多いことはお伝えしておきます。ウェストファリアなどの車は、毎日のように個人のふりをしたプロから買いたいという連絡が入ってきます。それが自動車業界です。趣味の世界で個人売買は避けたほうが無難です。人間関係のわずらわしさから逃げるための道具がキャンピングカーなのですから。








キャンパーハウス

 キャンピングカー 買取 査定

    
 キャンピングカー 買取

 キャンピングカー 買取 査定
 公安委員会

  中古自動車査定業務実施店

   著作権について

キャンピングカー買取

四国へ行こう


   東京モーターショー

   キャンピングカー買取
     SSL証明書